+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

カテゴリー「温泉本・雑誌」の記事一覧

ぶらんとマガジン社 HO vol.110

表紙

更新するのが遅くなってしまいましたが、11月24日発行・現在販売中のぶらんとマガジン社「HO」は温泉特集号となっています。

・・・続きを読む

「温泉批評 2014秋冬号」(双葉社スーパームック)

表紙

2014年10月15日に双葉社から発売された年2回発行の“温泉論評誌"。価格は880円+税です。

・・・続きを読む

温泉 とっておきの話(鳴海社)



飯島裕一・徳永昭行 編著。2013年10月10日発行です。
甘露寺泰雄氏・阿岸祐幸氏・石川理夫氏の3人による対談を、本にまとめたものとなっています。それぞれが温泉の達人として高名な方々で、この3名が一堂に会し、講演会などでは話せない温泉の話をざっくばらんに語る、というコンセプトに読む前からワクワクしてしまいました。

第1章は「温泉の今昔」。
3名の自己紹介から始まり、日本の温泉の歴史について語っています。温泉学の本でも温泉の歴史については必ず触れられますが、3名とも非常に詳細に語っています。

動物が発見したとされる温泉が多いのはなぜか・「日本書紀」「古事記」「万葉集」などに登場する温泉から、日本における仏教と温泉の関わり・入浴の仕方の移り変わり等々。
これだけで約80ページ。現代へと続く温泉の歴史だけでこんなに語れてしまうのかと驚くほどのページ数です(笑)

第2章は「温泉の効用と魅力」。
ここでは「〇〇泉の効能は〇〇」というお決まりのパターンではなく、一般に温泉に関して使われる「宣伝文句」等が本当なのか、話し合われています。
大正10年ころから使われている「美人の湯」の真相、「子宝の湯」の本当の意味、放射能泉は人体に良いのか悪いのか、かけ流しの温泉であれば良い温泉なのか、温泉分析書に載っている「適応症」の変遷、温泉と泥などなど話題は多岐にわたります。

ネタバレになるので詳しい内容は書けませんが、個人的に記憶に残っているのは・・
・温泉分析書に載っている「適応症」というのは「そこで(2-3週間)温泉療養した場合の適応症」であり、1,2回入浴しただけではその効果は得られない(1,2回の入浴と温泉療養では身体に与える効果が違う)という事

・ヨーロッパでは泥は「ファンゴ」「モール」「シュリック」と明確に区別されて使われているが、日本ではみんな「ファンゴ」になってしまっていて中身が分からない。さらに、十勝川温泉等の「モール温泉」は温泉水に僅かにモールが混ざっている程度のもので、対するヨーロッパの「モール浴」とは田んぼの泥に浸かるようなどろどろのものであるという事実

・同じような泉質の温泉であっても、その場所の緯度・高度によって体に与える効果は変わる。ゆえに温泉の「泉質」だけでなく温泉の環境まで考えた温泉地作りが大切なのだが、日本では泉質ばかりが注目されるためそういう考えは(研究者の間でさえ)ほとんど浸透していない

この章も約80ページほどあり、非常に楽しく読めました。

第3章は「これからの温泉」。
これは最後の20ページほどの短い章です。
温泉は環境とセットで考えるべきものゆえ「温泉地としてどう発展させるべきか」が重要であること、
パンフレットや一部のジャーナリストが使っている温泉の紹介の仕方やかけ流し信仰の問題点など、短くさらっと語られています。

たとえば加水している温泉を「ニセモノの温泉」と呼ぶのは自分勝手で謙虚さがないなど・・北海道でも似たような、思い当たるものがあったりなかったり。

個人的に第1章は大切な内容ながら読んでいて少し長く感じてしまいましたが、第2章以降は面白くてあっという間に読み終えてしまいました。
誰かの受け売りではなく、温泉の歴史を紐解き、温泉がどのように身体に影響を与えるのかを長年日本や海外で実際に研究してきた人だからこそ言える、研究現場の視点からの非常に興味深い話がたくさんあります。
実際に温泉地で働く方にとっても参考になる提言が含まれている、とも感じました。
読み終えてもワクワクする1冊。

定価は1680円です。

「温泉批評」(双葉社スーパームック)

温泉批評

2013年10月17日に双葉社から発行された、温泉一色の“温泉論評誌"。価格は880円です。
驚くべきことに約140ページの誌面には出版元である双葉社の本以外の広告は一切なく、その広告もごく僅か。
ほとんど活字びっしりで読みごたえ十分の1冊でした。

誌面の1/3以上を使った特集は「混浴温泉は絶滅するのか?」。温泉学の著書で知られる石川氏による日本と欧米での混浴温泉の歴史から、現代の日本と欧米の混浴事情、混浴温泉が激減している背景にあるもの、混浴の温泉を持つ宿へのインタビューなど、内容は多岐にわたります。

特集に続くのは様々なコラムやインタビューの記事。
以前ここでも取り上げた「温泉失格」の著者・飯塚氏による温泉情報誌の裏話や、モンゴルの温泉事情を記した松田教授のコラム、温泉分析の権威である甘露寺氏へのインタビューから、内外製薬のケロリン桶の話まで、こちらも内容豊富。

個人的には、モンゴルがアジアで唯一温泉療法に健康保険が適用される国であること、そして甘露寺氏へのインタビューの中にちりばめられている「温泉の効能」(分析書の「効能」とは別物)に関する話がとても興味深く思いました。

「北海道の温泉」の本ではありませんので、載っているのは本州の温泉がほとんどですが、最初のページを開いて真っ先に目に入る写真は、北海道の・・非常によく見慣れた温泉の湯船でした。
それだけでも少し嬉しくなりました(笑)

さらっと読めるガイドとは違い、読みながら頭を使う1冊。
お腹一杯になりました。


北海道いい旅研究室14 book1

北海道いい旅研究室14-1
舘浦あざらし責任編集。
2013年10月18日に発行、690円です。

・・・続きを読む

「温泉じゃらん北海道」

表紙

2013年9月27日に発売になった、リクルート北海道じゃらん発行のムックです。1300円で、書店・コンビニ等で購入できます。

・・・続きを読む

北海道いい旅研究室14 book2

いい旅14 book2
舘浦あざらし責任編集。
2013年6月9日発行です。

・・・続きを読む

北海道の温泉ガイド

今年に入ってから発売になった温泉ガイドが数冊ありますので、この記事で紹介させていただきます。

・・・続きを読む

「HO」誌 第31号

「HO」31号

このカテゴリーの記事をしばらく書いていないので、久しぶりにこの雑誌の紹介をしましょう。
「HO」は今年の4月号(第29号)から月刊誌になりましたが、温泉の無料パスなどの仕様は全く変わっていません。
私にとっては毎号近場で使える温泉がありますので、実は以前よりも重宝しています(笑)

・・・続きを読む

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]
[06/02 ひで]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /