+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

温泉旅館もりかわ

外観

北海道長万部町。長万部温泉の1軒です。
これまで何度か立ち寄りを試みていたもののタイミングが悪く、4度目の訪問でやっとお湯を頂くことができました。

廊下
玄関先で湯銭を払い、中へお邪魔します。
脱衣場まですぐなのですが、初めてということでわざわざ脱衣場の前まで案内してくださいました。時代を感じる廊下の絨毯の色に、期待が高まります。

脱衣場
コンパクトでシンプルな脱衣場です。
プラスチック製のランドリーワゴンが2つあり、そちらを脱衣カゴとして使用します。
この色が揃っていないワゴンもまた、時代を感じるアイテムになっていました。

湯船
浴室のドアを開けると、小さな湯殿にお湯が溢れる湯船が目に入ります。
大人が2-3人ほど入れるコンパクトな湯船で、期待に違わぬこぢんまりとした佇まい。
洗い場も2人分です。

湯口
お湯の温度を下げるためでしょうか、湯口はシャワーのようになっていました。
それでも、湯船の中で体感で43℃ほど。少し熱めの設定になっています。

かけ流し
脱衣場に掲示されている長万部温泉独自フォーマットの平成17年3月の分析書によりますと、こちらの温泉は源泉名「長万部温泉(長温R2号)」。
泉温49.6℃、湧出量は毎分600リットル(動力揚湯)。
pH8.0、蒸発残留物9.410g/kg、成分総計10.09g/kg。
泉質は食塩泉です。

湯使いの掲示はありませんが、こちらでも源泉をそのままかけ流しで使用していると思われます。長万部温泉はどこも同じ源泉を使用していますが、こちらでも心地よいアブラ臭やツルキシ感のある肌触り、すぐに発汗するお湯の力を感じることができました。

どの宿も無理せずに湯量に見合ったコンパクトな湯殿で、どこに立ち寄っても良いお湯を楽しむことができる長万部温泉。こちらでも終始貸切状態でゆっくりと湯浴みできました。

入浴料は500円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /