+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

鹿部カントリー倶楽部

外観

北海道鹿部町。
鹿部ロイヤルホテルのすぐ横にあるゴルフ場のクラブハウスです。
先日「温泉の無料開放をします」というお知らせをSNS上で見たので、早速お邪魔してきました。(無料開放は1月29日で終了しています)

脱衣場入口
緊張しながら中へ入ると、ちょうど正面にテーブルがありそこでタオルを渡されました。
そのタオルを持って、脱衣場へ向かいます。ドアには控えめな案内が張ってありますが、脱衣場の入口が温泉施設らしくなくて新鮮な気持ちでした。

脱衣場
脱衣場に入ると、一転して昭和のホテルの大浴場のような懐かしい雰囲気。
三角形のスペースで、2辺の壁に木の棚とプラスチックの脱衣かご。
ずらっと並ぶ洗面台には剃刀や綿棒なども用意されていました。
シンプルな造りですが、利用するのに不自由ない状態です。

浴室
浴室もほぼ三角形をしていて、2辺の壁に洗い場が並んでいます。
使い込まれたタイル張りの渋い湯殿で、見るなり楽しくなりました。

内湯
浴槽は大きな台形をしていて、15人ほどは入れそうな大きさです。
お湯の温度は浴槽内で43.5℃と少し熱めになっていました。
訪問時、レストランには地元の団体と思われる方々で結構な人数の人がいましたが、浴室は終始私一人の貸切状態。おかげでのんびりできました。

明るい浴室でした
脱衣場に掲示されている平成18年6月の分析書によりますと、こちらの温泉は源泉名「鹿部ロイヤルNo.3号泉・鹿部ロイヤルNo.4号泉(2本の混合泉)」。
水槽での採取で、泉温57.1℃、湧出量は毎分358リットル(動力揚湯)。
pH7.8、電気伝導率9.33mS/cm、溶存物質5.177g/kg、成分総計5.184g/kg。
泉質は食塩泉です。

掲示物によると、湯張時のみ加水あり・加温あり・循環ろ過あり・殺菌あり。
お湯はオーバーフローしておらず、薬品臭があります。脱衣場でも臭いを感じるほどでしたが、実際に浸かってみると気になるレベルではありませんでした。
浴槽内では緑色で透明に見えるお湯で、浸かるとヌルツル感。
次第にきしっとした感覚を感じ、よく温まるお湯でした。

Club Cafe 風花
今回は無料で入浴できたので、その分で湯あがりに食事をすることにしました。
カラフルなレストランにタイミング良く私1人です。

カレー
「ひとり鍋セット」というメニューに惹かれつつも「風花カレー」を頼みましたが、それほど辛くなくて優しい美味しさのカレーでした。ランチタイムはソフトドリンク1杯サービスです。

以前は冬季休業していましたが、1年ほど前に現在の会社がこちらの施設を運営をはじめ、現在は通年営業とのことです。鹿部ロイヤルホテルと繋がっているので宿泊客も来るそうですが、ゴルフ客がいない冬季に集客するのは大変だろうと思いつつお話を聞きました。

なお、同じ源泉を使用しているお隣は入浴のみ不可。
そういう意味で貴重な温泉施設です。
通常は午後5時から8時まで日帰り入浴可能で、入浴料は500円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]
[06/02 ひで]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /