+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

冨内生きがいセンター 富久寿荘

外観

北海道むかわ町。旧穂別町内の施設になります。
一度建物の前まで行ったことがあるのですが、営業していない日で(営業日は火木土日)帰ったことがあり、そのリベンジでお邪魔しました。

休憩スペース
玄関に入ってすぐの受付で湯銭を払い、中へお邪魔します。
入ってすぐに休憩スペースがありますが、それを横目に奥へ。

廊下
そのまま廊下を進むと浴室の案内板がありますが、この公共施設らしい無機質さに何とも言えない味を感じます。左が女湯、右が男湯です。

脱衣場
コンパクトな脱衣場は、木の棚にプラスチックの脱衣かご。
小さな脱衣場ながら洗面台とドライヤーがあり、機能的にはこれで十分です。

浴室
浴室も脱衣場同様、内湯1つの小さなものです。洗い場は3か所。

内湯のみ
浴槽は2-3人入ればいっぱいになってしまうほどの大きさです。
無色透明の循環湯で、浴槽の中に湯口がありました。

龍の湯口
今は使われていない、真鍮製と思われる龍の湯口が素敵です。
ずっとこれを見ながら、浴槽に浸かっていました。

館内には昭和61年6月の分析書別表のみ掲示されていて、源泉名は空欄、泉質は単純硫黄冷鉱泉。「アルカリ性低張性冷鉱泉」と書かれていますので、pHが8.5-10.0の間だということは分かります。
また、別の掲示物を見ると源泉温度は9.8℃のようです。
湯使いは加温あり、循環ろ過あり、殺菌あり。
しかし、お湯からは塩素系の薬品臭はほとんど感じませんでした。

源泉蛇口
浴槽に降りる階段の横に蛇口があり、ひねると非常に冷たい水が出てきます。一緒に入った常連さんのお話では、ここから出てくるのは源泉とのこと。
1人になってから源泉をしばらく出し続けると、ごくわずかながらタマゴ臭を感じました。かなり冷たいので手だけを浸しましたが、その後手がツルツルしていていました。

綺麗な浴室でした
建物自体は昭和の香りがしますが、浴室はリニューアルされているようで、綺麗に保たれており清潔感は十分。しばらく貸切状態でお湯に浸かることができました。

マッサージチェア
地元の方のための共同湯のような存在で、静かな温泉でした。
あがってから聞こえてきた地元の方同士の会話にほっこりして、ここを後にしました。

入浴料は300円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /