+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

昭和温泉

外観

北海道函館市。
いつも混んでいる印象のある温泉銭湯で、これまで何度か立ち寄ろうと思ったものの、駐車場の車の数を見ていつも引き返していました。今回やっと初入湯できました。

以前は午前6時からの営業だったのでその時間に合わせて行ったのですが、それがだいぶ古い情報だったようです。現在は午前7時からの営業ですが、そのおかげでオープンアタックに成功できました。それでも営業が始まる前から玄関にお客さんが並び、常連さん同士で盛り上がっていました。
時間になり、券売機で湯銭を払って中へ。

廊下を進む
脱衣場は廊下を進んだ奥にあるようです。
廊下の途中に分析書がありましたが、見ずに脱衣場へ直行しました。

脱衣場
100円リターン式のロッカーが並ぶ脱衣場です。

内湯
内湯に入ると手前左側に洗い場が並び、右側は壁に沿ってサウナや真湯の寝湯、打たせ湯などがあります。そして、正面奥に温泉の湯船が2つ並んでいます。

あつ湯
左の「高温」の表示がある木の湯船は8-10人ほど入れる大きさがあり、温度は43.1℃。
湯船の中まで全て木でできていて、気持ち良く浸かることができました。

ぬる湯
右の湯船には「低温」という表示があります。
こちらは15-20人ほど入れる大きな湯船で、湯船の中で42.5℃ありました。

露天風呂
こちらが露天風呂です。10人ほど入れる大きさがあり、加えて奥が2人使える寝湯となっていました。外の景色は見えませんが、囲まれ感はそれほどありません。
「中温」の表示がありますが、入浴時は3つの湯船の中で一番低い41.9℃。
湯船の向こうは池になっていて鯉が優雅に泳いでいましたが、地元の方は温度が高い内湯の方が好みなのでしょうか、ほとんど独占で浸かることができました。

露天の湯口
写真が鮮明でないため(特に小数点以下が)間違っている部分があるかもしれませんが、廊下に掲示されている平成24年11月の分析書によりますと、こちらの温泉は源泉名「昭和温泉(桃-2号井)」。
泉温70.0℃、湧出量は毎分350リットル(動力揚湯)。
pH6.5、蒸発残留物8.904g/kg、成分総計9.526g/kg。
泉質は含塩化土類-食塩泉です。
湯使いは10%ほどの加水ありで、かけ流しです。
笹濁りのお湯は浸かるとツルキシ感があります。湯船の中で肌をなでるとキュキュッという感じでした。直前に同じ泉質で金気臭があるお湯に浸かった名残かもしれませんが、わずかながら金気臭があったようにも思います。
保温効果も十分で、しっかり身体が温まりました。

朝から良いお湯をいただくことができ、満足でした。
こちらには貸切浴室もあるそうですので、そちらにも入ってみたいです。

入浴料は420円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /