+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

ホテル函館ひろめ荘

外観

北海道函館市(旧南茅部町)。
大船上の湯と呼ばれるこちらの温泉には「ひろめ荘」と「南茅部町民保養センター」の2軒の温泉施設がありましたが、現在はその2つの施設が繋がって1つの建物になっていて、受付はひろめ荘のフロントで行っています。

ほとんどの日帰り入浴客は午前10時から入浴できる保養センターに行きますが、「あくまで宿泊者優先」という条件はありながら、午後3時からひろめ荘側の浴室も同料金で日帰り入浴ができます。今回は朝一番で保養センターに入浴し、湯巡りした後午後に戻ってきてひろめ荘のお風呂をお借りしました。

2階へ
浴室はホテル2階。階段で浴室へ向かいます。

脱衣場
木の棚と籠の、比較的コンパクトな脱衣場です。

浴室
楽しみにしつつ、浴室へ。縦に長い湯殿です。
左側に洗い場、右側と奥に湯船が見えます。洗い場は6箇所。
お湯がオーバーフローするエリアではタイルが白っぽくなっていて、それがさらに温泉らしさを醸し出しています。

あつ湯
内湯には2つの湯船がありますが、手前にあるのが「高温」です。8-10人入れる大きさで、湯船の中で温度は43.0℃でした。

ぬる湯
奥にある大きな湯船は10-15人ほど入れそうな大きさです。
こちらは「低温」となっていますが、温度を測ると42.5℃。
高温の湯船とあまり変わりませんでしたが、湯口から出るお湯の温度も量もほとんど変わらず、湯船の大きさで温度差をつけているように思いました。

露天風呂
奥のドアから外に出ると露天風呂です。
細長い岩風呂風の湯船で、10人ほど浸かれそう。湯船の場所や深さによってかなり温度にムラがありましたが、かき混ぜれば40℃程度になるかと思います。

湯口
内湯の湯口は2つの湯船ともに同じ形で、同じように白+茶色の析出物が堆積しています。
脱衣場に掲示されている平成20年11月の分析書によりますと、こちらの温泉(481-015)は源泉名「函館市ホテルひろめ荘」。
泉温63.8℃、湧出量空欄(動力揚湯)。
pH6.9、蒸発残留物1.992g/kg、成分総計2.235g/kg。
泉質は含重曹-食塩泉です。
湯使いの掲示はありませんが、このお湯をそのままかけ流しで使用しているようです。

泉質名に反映しませんが、分析書を見るとそれに近いくらいのカルシウムも含まれており、弱いツルツル感と同時にキシキシ感を感じます。ほぼ無色無臭、メタ珪酸豊富で柔らかく、よく汗が出るお湯でした。
この源泉のお湯は保養センター側でも使用していますが、浴感はひろめ荘側の方が力強いイメージです。また保養センターの脱衣場にはこの源泉の分析書が掲示されていないため、こちらで確認できて良かったです。

貸切でした
宿泊者優先ということでしたが、午後3時ちょうどに訪ねたおかげか宿泊者は誰もおらず、ずっと貸切状態で気持ち良くお湯を楽しむことができ満足でした。

入浴料は400円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /