+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

ホテル豊富

外観

北海道豊富町。
豊富温泉の1軒で、唯一道路を挟んで温泉街の反対側にあるホテルです。
見取り図
脱衣場には浴室見取り図が掲示してあります。
見ると、男女で対称の造りとなっていました。
脱衣場から浴室を見ると、湯気だらけで見事に何も見えない状態だったので、見取り図があって助かりました。

湯船
こちらが湯船です。バームクーヘンを切ったような形をしていて、温泉はこの湯船1つだけ。7-8人ほど入れそうな大きさです。
隣には真湯の浴槽(ジャグジー)がありました。
湯船から洗い場が見えないほど浴室は湯気で真っ白になっており、湯船の写真もこれが精一杯でした^^;

湯口
こちらが湯口です。
湯口のお湯そのものは透明、濁り湯ながら湯船も底が見えるくらいなのですが、湯口は真っ茶色です。

かけ流し
お湯はかけ流し。
茶色い湯花がたくさん湯船の中で舞っています。

油が浮く
豊富温泉のお湯と言えば石油のイメージですが、こちらのお湯は写真のように、本当に水たまりの上に油をこぼしたような感じでお湯の表面にアブラが浮いています。
こういうタイプの油浮きは温泉街の中でここだけです。
お湯の香りも、豊富温泉の他の施設と全く違っていました。

掲示されている平成21年3月の分析書によりますと、こちらの源泉(315-014)は源泉名「豊富温泉(R11号井)」。
泉温28.0℃、湧出量は毎分13リットル。
pH8.0、蒸発残留物12.06g/kg、成分総計13.99g/kg。
泉質は含食塩-重曹泉です。
この源泉はホテル豊富だけの独自源泉で、湯使いは加温あり・加水なし・循環ろ過なし・殺菌なし。かけ流しです。

ただ以前のデータによると、泉温42.4℃、湧出量毎分59リットル、pH8.7、溶存成分計11.43g/kg。泉質は一緒ですが、お湯の中身は結構変わっているのかもしれません。

湯船の中では温度は約43℃。
お湯からはコールタールのような独特の強い石油臭を感じ、その成分のためかヌルヌルした湯ざわりです。
そして、よく体が暖まるお湯でした。

いい湯でした
個性豊かな道北の温泉に嬉しくなりながら、ゆっくり浸かったお湯でした。

入浴料は400円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /