+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

しょさんべつ温泉岬の湯・家族風呂

日帰り入浴入口

北海道初山別村。
前の記事では大浴場を紹介しましたが、こちらには家族風呂もあるという事で、早速利用させていただきました。
朝風呂の時間(午前6時30分~8時)までは男女別大浴場しか利用できませんので、朝風呂した次の日(帰り道)に再び立ち寄っての利用となりました。
家族風呂は予約制ですが、カウンターで聞くとすぐ入れるとのこと。名前と電話番号を伝えてから脱衣場に案内していただきました。

家族風呂入口
こちらが家族風呂の入り口です。
入口に星があしらってあるのが日本で最も北にある天文台の村らしいと思いました。

脱衣場
中で簡単な説明を受け、脱衣場の照明用キーをお借りします。
アメニティー類はありませんが、脱衣籠も4つあり、本当に家族で入る事を想定してある広さでした。
脱衣場には分析書も掲示されています。

浴室
こちらが浴室です。
目の前に大きな柱がありますが、それでも正面に海を望む明るい浴室でした。浴槽は2つあり、ここも家族風呂にしては広めに造ってあります。

主浴槽
こちらが主浴槽。4-5人は入れそうな大きさです。
温度は約41.5℃。

寝湯
その右にあるのは、寝湯としても使えそうなとても浅い浴槽で、こちらは定員2人ほどの大きさです。
小さな子供が入るのにちょうどよい深さですね。

分析書が掲示されている通り、こちらも大浴場と同じ源泉を使用しており、湯使いも一緒です。
ただこちらのお湯では独特の香りはなく、お湯をすくって嗅いでみるとしっかりした塩素臭がありました。
お湯を入れ替えたばかりという事でしたので、余計塩素臭が強かったのかもしれません。
それでも貸し切りなので、他の人の目を気にせずのんびりトドになったりしながら、ゆっくり過ごさせていただきました。

利用料は1名あたり入浴料500円+室料500円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /