+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

B温泉

外観

北海道内某所。
ここは以前にも訪問しており、その際に記事にしていますが、改めて先日再訪しましたので、記事にしました。
なお、以前の記事はカテゴリーを変えて残してあります。

この小屋そのものが、以前の状態と比べると変わった印象です。
でも秘湯感たっぷりなのは全く変わっていません。

脱衣場
中に入ると、休憩所&脱衣場があります。
このスペース自体少し狭くなった感がありますが、外がアブだらけの中でも建物は快適。
照明もあり、この種の温泉としては非常に快適。
こんな場所を作ってくださった方に感謝です。

湯船
脱衣場からドアを一枚あけると浴室です。
以前はポリバスにブルーシートを敷いた簡易のものでしたが、しばらく来ない間に、手作り感たっぷりの立派な湯船になりました。
ちょうど1人で足を伸ばして入れるくらいの大きさです。

湯口
こちらが湯口です。湯口と湯尻の色がとてもきれいで、見ているだけで楽しくなってきます。お湯はひたすら出ては溢れていきます。

湯船の中で43℃ほどの塩辛いお湯で、10分ほど浸かっていたら汗がどんどん出てきました。
ツルツル感があり、お湯の香りも心地よいです。
湯船から外を見ると湯口は源泉と直結していて、数メートルしか離れていません。本当に新鮮なお湯をこういった形で提供して頂き、本当に贅沢。
感謝感謝です。


この温泉は数年前まではそれほど知名度がありませんでしたし、多くのブログでは名前を伏せていましたが、某旅の本が伏せずに詳細な情報を載せた&その後のネットの情報で全国的に知られるようになりました。
このお湯がこれからも良い形で存続することを願っています。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

のんさん、お久しぶりです(^^)
私もその某旅の本でここの存在を知った者です(^^;)
先日久しぶりに温泉を目指す日帰り旅をし、その目的地がこちらでした。
実はのんさんの別ブログの記事を見て行きたくなりました(^0^)
久しぶりにこういう温泉に入りましたが、時間をかけて来た甲斐がありました。
それとノートにのんさんの礼儀正しいメッセージを発見しました。

寒くなってきたし、また温泉めぐりがしたくなってきました。
  • from らく :
  • 2011/10/03 (17:04) :
  • Edit :
  • Res

Re:無題

>らくさん
お久しぶりです^^
と言っても、らくさんのブログはたまに読んでいますが^^;
うちのつたないブログが温泉に行くきっかけになったのなら嬉しいです・・お湯の暖かさが身にしみる時期ですから、これからドンドン行っちゃいましょう(笑)
私も温泉好きな自分を加速させるべく頑張ろうと思います^^
  • from のん :
  • 2011/10/22 (21:24)

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /