+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス

外観

北海道洞爺湖町。
洞爺湖温泉の1軒です。
洞爺湖周辺の湯巡りの最後に、ここへ入りました。
初の立ち寄りですので、どんなお湯なのか気になるところです。

手湯
こちらも、ホテルの前に手湯・足湯があります。
この手湯・足湯も他の場所と同じように源泉そのまま。
茶色っぽい濁り湯が流れていました。

こちらのホテルは、男性と女性の大浴場が全く別のフロアにあり、男性大浴場「月の湯」はホテルの地下1階にありました。

脱衣所はたいへん広々として、脱衣所に思えません(笑)
たいへんきれいで、アメニティーも揃っていました。
そこで掲示物を確認して、浴室へ入ります。

内湯1
こちらが主浴槽です。
20人以上は入れそうな大きなもので、向こう側は岩風呂風になっていて、湯口も向こうにありました。
洞爺湖温泉らしい茶色い濁り湯で、意外にもお湯はかけ流し状態。

内湯2
この浴室にはさらに別の「和風」浴槽があり、こちらは浴槽が2つ並んでいて、向かって右側(写真では手前側)に湯口があり、そこからオーバーフローしたお湯が隣に注がれているため、右の方が温度が高くなっています。

露天風呂
こちらが露天風呂です。
10人ほどは入れそうな大きさで、岩を配した浴槽でした。
ここのお湯が一番塩素臭を感じましたが、こちらもかけ流し状態。

湯使いについての掲示を見ると、内湯は(主浴槽と「和風」の浴槽いずれも)加水・加温・循環・塩素殺菌しています。
露天風呂は加水・加温・塩素殺菌とのことです。


さて、こちらの地下1階にはもう1つの「中浴場・エルムの湯」がありました。
そちらにも足を運んでみました。

浴室
脱衣所・浴室共に大浴場に比べるとだいぶ小さく、一昔前のものといった印象でした。
こちらの浴室には浴槽が2つありましたが、奥の浴槽は空っぽでした。

内湯
こちらがその手前の浴槽です。
お湯の状態は大浴場と変わりがありませんね。
8-10人ほどが入れる大きさで、こちらのお湯からも塩素臭を感じました。

こちらの湯使いについての掲示を見ると、この浴槽は加水・加温・塩素殺菌あり。奥の空っぽの浴槽は真湯だったようです。

掲示されている温泉分析書は、当たり前ですが見事に他の宿と一緒で、前述の「北海ホテル」でも書きましたが、源泉名「洞爺湖温泉(洞爺6.9.12.13号・共同1.2.3.4.5.6.7号混合泉)」。
11の源泉を1つに混ぜて、加温して各宿に配湯しています。
泉温47.0℃、湧出量は毎分1430リットル。
pH6.7、蒸発残留物1.376g/kg、成分総計1.982g/kg。
泉質は恐らく含石膏・食塩・重曹泉です。

この施設のHPではどの浴槽の写真も真湯のような透明のお湯ですが、実際にはどの浴槽も濁り湯でかけ流し状態になっており、洞爺湖温泉らしさを多少なりとも感じることができました。
良い意味で予想外で、好印象でした^^


入浴料は1700円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /