+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

知床グランドホテル北こぶし

外観

北海道斜里町。
ウトロ温泉の1軒で、ウトロ漁港の目の前に建つ1960年開業の大きなホテルです。
少し前になりますが、HOを利用して立ち寄りました。
(浴室の様子は後に少し変わったようです)

あし湯イワンケ
まず建物の前で目に入ったのはこちらの足湯です。
源泉かけ流しの足湯ということで覗いてみました。

7人用足湯
それほど広さはありませんが、7人が座れるようになっています。さすがに2月の寒空の下では足湯する人もいませんでした(^_^;)

フロントの丁寧な応対に、気持ち良く大浴場へ向かいます。
大浴場は8階
大浴場は8階。エレベーターで進みます。

温泉使用は二つ
浴室に浴槽が3つありますが、そのうち温泉使用は奥の2つで、手前は真湯+入浴剤の浴槽でした。
(2013年にこのフロアに露天風呂ができたようです)

あつ湯とぬる湯
浴槽は大きく、あつ湯で15人ほど入れる大きさ、ぬる湯で20人ほど入れる大きさがあります。
お湯はオーバーフロー式の循環で、弱い薬品臭がありました。

階段で露天へ
さて、サウナの前を通り、奥の階段へと進みます。この階段を上った先が屋上の露天風呂です。

さらに階段
屋上に出ると2月の夕暮れの冷たい風が肌に刺さります。
さらに数段の階段があり、浴槽はもうすぐです。

露天風呂
こちらが露天風呂です。こちらも20人ほど入れそうな大きなもので、浴槽のすぐ向こうは塀になっています。高所が苦手な方は、ここから少し覗くのも怖いかもしれないと思いました。

露天風呂からの流氷
その代わり、屋上から間近に見下ろす流氷はとても綺麗でした。
この露天から漁港からプユニ岬まで見えるので、結局内湯には最初少し入っただけで、ほぼこの露天風呂に浸かったり立ち上がったりしてしばらく流氷を眺めて過ごしました。

脱衣場に掲示されている平成18年12月の分析書によりますと、こちらの温泉(129-024)は源泉名「知床グランドホテル」。
泉温67.8℃、湧出量は毎分65リットル(動力揚湯)。
pH6.7、蒸発残留物8.578g/kg、成分総計10.03g/kg。
泉質は食塩泉です。

湯使いは加水なし、季節や外気温により加温あり、循環ろ過あり、殺菌ありとのこと。どの浴槽でも薬品臭を感じます。
無色透明で弱いツルツル感があるお湯でした。

真冬の寒さの中で温泉の浴感まで楽しむ余裕があまりありませんでしたが、特等席で流氷を見おろすことができる露天風呂は印象に残りました。

日帰り入浴は1000円です。

※2014年5月7日頃~7月中旬にかけて足湯テラス「オホーツクラウンジ」等の新設のため1階ロビーの改装工事をしているとのことです。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]
[06/02 ひで]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /