+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

「HO」誌 第9号

財界さっぽろの季刊誌、「HO」の第9号が、11/25に発売になりました。
いつものごとく内容紹介などを。
HO誌の最大の特徴といえば、毎号の温泉無料パスポートでしょう。
制限がある場所もありますが、毎号毎号よく載せてくれてると思います。

第9号に載っているのは、何と38箇所。
第8号が32箇所でしたから、だいぶ増えてます。
しかも、過去の数号には載っていなかった温泉施設もちらほら。
ありがたい話です。

では、その38件をすべてリストアップ。
カッコ内は通常の大人一人の日帰り料金です。

・ウトロ温泉 知床第一ホテル(1200円)
・摩周温泉 ホテル ニュー子宝(500円)/平日のみ
・中標津町 トーヨーグランドホテル(500円)
・川湯温泉 御園ホテル(600円)
・丸瀬布温泉 マウレ山荘(600円)
・温根湯温泉 大江本家(800円)
・層雲峡温泉 朝陽リゾートホテル(1000円)
・層雲峡温泉 湯元 銀泉閣(600円)/平日のみ
・層雲峡温泉 朝陽亭(600円)
・糠平温泉 糠平舘観光ホテル(700円)/平日のみ
・士幌温泉 プラザ緑風(500円)
・糠平温泉 山湖荘(500円)
・十勝川温泉 ホリデーインホテル十勝川(350円)
・十勝川温泉 第一ホテル豊洲亭(1000円)/平日のみ
・音更町 鳳乃舞音更(380円)
・湯の川温泉 啄木亭(1000円)
・水無海浜温泉 ホテル恵風(400円)
・森町 グリーンピア大沼(500円)
・長万部温泉 丸金旅館(500円)
・ヌキベツ臨海温泉 しおさい(500円)
・北湯沢温泉 ホロホロ山荘(600円)
・北湯沢温泉 名水亭(700円)
・洞爺湖温泉 ホテルグランドトーヤ(500円)
・洞爺湖温泉 湖畔亭(1000円)
・洞爺村温泉 ホテル洞爺サンシャイン(500円)
・登別温泉 石水亭(800円)
・虎杖浜温泉 ホテルオーシャン(400円)
・白老町 白老温泉ホテル(500円)/平日のみ
・雷電温泉 かとう(500円)/平日のみ
・くっちゃん温泉ホテルようてい(700円)
・余市町 ホテル エーヴランド(600/1000円)
・キロロ温泉 森林の湯(940円)/平日のみ
・とままえ温泉ふわっと(500円)
・留萌市 ホテル神居岩(500円)
・樹海温泉 はくあ(500円)/平日のみ
・由仁温泉 ユンニの湯(600円)/平日のみ
・ふとみ銘泉 万葉の湯(1100/1620円)
・定山渓温泉 ホテル鹿の湯(800円)/平日のみ

以上38箇所・・すごいですね。
これで「平日のみ」がなかったらもっと嬉しいのに(笑)

この温泉パスポートですが、驚いたことに、発売日の25日からもう使えます。
今までは発売日から使える日まで幾らかの期間があったのですが、見事になくなりました。これは立派。
私も早速使いたいと思ってます。

利用可能期間は、基本的には11/25から1/24まで。
ただし、12/26から1/7までの期間は使用できません。
清掃日などもありますので、ご確認を。
それにしても、雑誌そのものは相変わらず480円ですので、すぐに元が取れ、かなりお得です。
万葉の湯なんて行っちゃったら、かなりおいしいですよ。


さて、毎回大部分のページを割いている特集記事ですが、今回は「大人のススキノご案内」。
内容は、穴場的な?飲食店の紹介です。
ススキノにまつわる対談や他の記事も多数あり。
このタイトルと一面ピンクの表紙のおかげで、レジの人に変な勘違いされるんじゃないかと思いながら買ったのは秘密です(笑)

個人的にもっともツボだったのは、もう一つの特集記事でした。
それは「秘境ラーメン」ベスト30。
これ、すごいですよ。
こんなマニアックな記事が特集で載っちゃうHO、恐るべし(笑)
何件かは私も場所を知っていましたが、それにしてもすごい・・是非目を通して欲しいです。

そんなこんなで、今号も面白いですね。
そして、今回もまた温泉巡りに活躍してくれそうです。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

のんさん、はじめまして。
「秘境ラーメン」で検索をかけていたら、
こちらのブログが引っかかりました。
「HO」の特集のことを褒めていただき恐縮です。

本当にマニアックな記事なのに…。
私はあまり温泉に興味はありませんが、
今後ともよろしくお願い致します。
  • from 飲酒リン男。 :
  • 2007/02/20 (21:23) :
  • Edit :
  • Res

無題

飲酒リン男。さん、初めまして〜。
ここの管理人の、のんと申します。
コメントいただき、ありがとうございます。

先ほどHOを読み返してみたら・・あの特集を書いておられる方だったのですね、驚くと同時に何だか恐縮してしまいました^^;

このブログが「秘境ラーメン」で引っかかるのにも多少驚きましたが・・あの記事は本当に面白かったです
^^
お店で食べるのは月1,2回ですが私もラーメンは好きな食べ物の一つですし、ローカルネタが好きなもので・・かなり興味深く読ませていただきました。

実は一昨年の秋に「鳴神」の横を通ったんです、私。
でも、「こんな所だし、閉店した店なんだろうな」くらいにしか思っていなくて、2位で写真を見たときに「あっ!」と驚きました(笑)
あの記事がなかったら営業しているとは気付きませんでした^^;

温泉の記事ばかりのこのブログですが、こちらこそよろしくお願いします〜。
  • from のん :
  • 2007/02/22 (00:00) :
  • Edit :
  • Res

無題

秘境ラーメンと秘湯は兄弟同士?

「ヌタプカウシペ」は、ラーメンメニューと並んで
入浴料が掲示されていますし。
「菅野温泉」には「薬膳ラーメン」がありますし、
「五色温泉」には隣に「麺どころアンヌプリ」があります。
そのほかにも温泉とラーメンって組み合わせは多いですよね。

どこかで偶然お会いする機会があるかも?
  • from 飲酒リン男。 :
  • 2007/02/28 (13:28) :
  • Edit :
  • Res

無題

飲酒リン男。さん
ヌタプカウシペはキトビロラーメンでしたでしょうか?
温泉情報と共によく耳にしますね〜。
確かに温泉とラーメンの組み合わせは少なくないと思います。

私が温泉に入っているときにラーメンを食べていらっしゃる方がいたら、飲酒リン男さんかもしれませんね(笑)
温泉へ行く楽しみが一つ増えます(笑)
  • from のん :
  • 2007/03/01 (21:43) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /