+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

恵山温泉旅館

外観

北海道函館市(旧恵山町)。
つつじ公園に隣接している温泉宿です。
こちらでも何度かお湯をお借りしていますが、2007年に恵山登山の後汗を流すために立ち寄って以来、久しぶりに再訪しました。

脱衣場入口
受付で湯銭を支払い、廊下奥の脱衣所へ向かいます。

脱衣場
かなり使い込まれたシンプルな脱衣場です。
宿の方が脱衣場への案内がてら、少し肌寒かった脱衣場のストーブをつけていって下さり、感謝しつつ早速お湯をいただくことにしました。

浴室
全てがお湯の色に染まったように見える湯殿です。
内湯一つのみの小さな湯殿ですが、インパクトは十分。
何度見ても目を奪われます。

湯船
湯船の大きさは、6-7人ほど入れそうなくらいです。
お湯の色は湯船の底まで見える透明なオレンジ色。

かけ流し
お湯は静かに・・でもかなりの量溢れています。
シンプルかつ贅沢なかけ流しです。

湯口
こちらが湯口です。湯口の温度は39.7℃。
湯船の中は39.1℃。湯量豊富でほぼ一緒です。

湯口から出るお湯の量を洗い場にある洗面器で簡易に測ってみましたが、3.4リットルの洗面器が約3秒でいっぱいになりました。
これだけの湯量があれば湯船をいっぱいにするのに1時間もかからないはずですが、湯口から「1時間に1ターン以上」できる湯量がある理想的なかけ流しの温泉は日本全体の1割程しかないと言われています。

掲示されている平成22年8月の分析書によると、こちらの温泉は源泉名「恵山温泉」。
泉温41.5℃、湧出量は毎分120リットル(自然湧出)。
pH2.2、蒸発残留物4.976g/kg、成分総計5.077g/kg。
泉質は酸性明礬緑ばん泉です。
保健所確認シールは「該当なし」。
このお湯を、手を加えずかけ流しで使用しています。

分析書に記載されていますが、これは屋外タンクのものを分析した結果です。源泉そのものは高温泉で、引湯してくる間に温度が下がるようです。

あちこちに掲示してありますが、強酸性なので石鹸は泡立ちません。メタ珪酸が多いためしっとりと体を包むような柔らかさがあり、温めでもしっかり体が温まります。
口に含めば、甘酸っぱい独特の味と渋味があります。子供の頃に親戚のお宅の庭で、木から直接採って食べたグミの実をふと思い出すような味でした。

いい湯でした
数年前に訪問した時、分析書を見ていたら女将さんが通りかかったので、「すごいお湯なんですねー」って声をかけたんですが、一言二言の会話の後、「うちのお湯にタオルをつけると色がついちゃうので、タオルお貸ししましょうか?」と。
お言葉に甘えてまだらオレンジに染まるタオルをお借りしました。
今回は「お湯がぬるいのでゆっくり入ってくださいね」と言われ、そんなさりげない一言が嬉しかったです。

冬期間は湯船の温度が下がるため休業しているお宿ですので少し不安でしたが、12月の始めでもお湯に浸かることができて嬉しく思いました。
貸切状態でのんびりさせていただきました。

入浴料は300円です。

(2007/9/11の記事に加筆)

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

懐かしい恵山温泉旅館だぁ〜
かなり強烈な泉質ですよね
今度は泊まってみたいなぁと思っています
  • from じゅん☆ :
  • URL :
  • 2007/09/17 (23:57) :
  • Edit :
  • Res

無題

ここのお湯、すんなり飲めませんでした(笑)
個人的には川湯公衆浴場の方が飲めたように思います^^;
インパクトがあるお湯ですよね。
久しぶりに行って、改めてそう思いました^^;
  • from のん :
  • 2007/09/18 (06:11) :
  • Edit :
  • Res

無題

明日から函館方面に出発します。
恵山が第一訪問温泉になる予定。私の方向音痴がうまくたどり着けるでしょうか(笑)
ひろめ荘、銀婚湯、函館市内と3泊の旅です。
  • from さくら :
  • 2009/08/03 (15:05) :
  • Edit :
  • Res

無題

>さくらさん
おはようございます〜。
今頃はひろめ荘で朝食のお時間でしょうか?
3泊で湯巡り・・いいですね〜
私もそのくらいの連休が欲しいです(笑)
残りの日程もどうぞ楽しまれてください^^
  • from のん :
  • 2009/08/05 (07:30) :
  • Edit :
  • Res

無題

懐かしい記事が上がっていたのでこちらへコメント♪
昨年、ココへ宿泊してみましたが
期待通りイカ刺しが出てきた感動しました
夜中に入る温泉も素晴らしくまた宿泊してみたいです
さて、例の件ですが
お誘いいただきありがとうございました!
ボクなどが参加してもよろしいのでしょうか?(笑)
今月ですと22〜27日に長期休暇を取っているので
都合が合えば参加できるかもしれません
さて、どうなるコトでしょう?
  • from じゅん☆ :
  • URL :
  • 2009/08/13 (20:55) :
  • Edit :
  • Res

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /