+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

奥沢温泉 中央湯

外観

北海道小樽市。
小樽市から赤井川村へ向かう道沿いにある温泉銭湯です。
2007年10月に立ち寄って記事にしていましたが、写真がなくなっていたこともあり、この度久しぶりに再訪してきました。

男湯ののれんをくぐり、玄関へ。
見上げると番台にご婦人が座っていました。
湯銭を払い、中へお邪魔します。

昭和な脱衣場
下駄箱はやっぱり木の鍵。
そして、ほぼ壁一面の木製ロッカー。
ロッカーの上にはたくさんの本、絵画。
中に入った途端に時代が変わったような、味のある佇まい。大きく番号が書かれたこのロッカーの正面に座り、しばらく何もせず眺めてしまっていました。

現役
ノスタルジックな世界はまだ続きます。
「フジ自動マッサージ器」と「ナショナル クールファン」。
マッサージ器はたまに見ますが、クールファンは初めて。
クールファンはテレビ台になっていますが、このマッサージ器は2013年現在でも今なお現役で、この日も稼動していました。

鶴
その上を見上げると、浴室のガラスに鶴の絵。
できた当時はさらに鮮やかだったのでしょう。

さて、脱衣場を楽しんだところで、浴室へ。

熱帯魚
左右両方の壁際にシャワーとカランが並んでいます。
男女を隔てる壁のガラスには熱帯魚。

浴槽
これが、浴室中央にある浴槽です。
中で繋がっていますが、手前が主浴槽で、後ろは2名用のジェットバスとなっています。
主浴槽は手前が浅く、奥が深くなっており、奥の部分は浴槽を囲むように座って入るような感じです。浅い部分にいる時は浴槽内に手すりのようなものがあるので安心。

脱衣所に掲示されている平成22年2月の分析書によりますと、こちらの温泉(411-004)は源泉名「中央湯」。
泉温28.0℃、湧出量記載なし(動力揚湯)。
pH9.6、蒸発残留物0.626g/kg、成分総計0.633g/kg。
泉質はアルカリ性単純温泉です。
以前に立ち寄った際に見た古い分析書では泉温32.0℃、pH9.2、成分総計0.6975g/kgとなっていました。
以前よりさらにアルカリ性になっているようです。
成分的には含食塩・重曹-芒硝泉。メタ珪酸も多いです。

湯使いは、加温あり・循環ろ過あり・殺菌あり。
湯口からはわずかに薬品臭が漂うお湯が出ていました。
それもほとんど気にならない程度です。
お湯の温度は浴槽内で約42.5℃。
浴槽の中でもツルツル感を感じました。
身体もしっかりと温まります。

さらに、いつも通り湯船に浸かる前に体を洗ったのですが、カランのお湯が妙にぬるぬるします。もしかして・・・と、あがってから番台のご婦人に聞いたら、やはりカランのお湯も温泉でした。
何度も何度もカランのお湯をかけ湯しました(笑)

源泉のカラン
また、湯船に入っている時に、この蛇口から水を出してみると・・「水」だと思ったら温度を測ったら31℃。
源泉の蛇口となっており、浴槽に浸かるよりもさらに強いヌルツル感があるお湯を、ここから汲んで楽しむ事ができました。

以前に立ち寄った際に聞いたお話によれば、こちらは昭和14年から営業しており、建物も当時のままだそうです。
北海道の銭湯で最も古いと言われている小町湯には敵いませんが、ここも長い間小樽の歴史を刻んできた建物なんですね。
「ここのお湯が一番いい」と話す番台のご婦人が頼もしく思えたのを思い出しました。

高い天井
昭和そのままの脱衣場、明るく高い天井の湯殿、ヌルツル感十分のお湯、どれも楽しい貴重な場所でした。

入浴料は420円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

うわぁ〜
ココはイイ感じですね
今度行ってみます!
  • from じゅん☆ :
  • 2007/10/25 (22:45) :
  • Edit :
  • Res

無題

じゅん☆さん
小樽の銭湯はどこも混んでるんですが、偶然途中から貸し切りになり、お陰でゆっくり楽しめました^^
鄙び度も申し分ないですね(笑)

風邪が抜けなくて昨日は早々に寝てしまいました^^;
そちらで代わりにレスしていただきありがとうございます〜。
  • from のん :
  • 2007/10/26 (09:54) :
  • Edit :
  • Res

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /