+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

鶴亀温泉

外観

北海道余市町。
遠出できない日に、近くて比較的お湯が良さそうで行ったことがない所・・と考えてここに立ち寄ることにしました。
以前はこの隣にあまり目立たない印象の温泉施設がありましたが、現在は宿泊施設も備えた大きな施設になっています。
1階には受付やレストラン、休憩室などの施設があり、浴室は2階にありました。
早速暖簾をくぐり、脱衣所の中へ入ります。
脱衣所はカゴとコインロッカーの両方ありました。

早速内湯に入ってみましょう。
入ってすぐ左側に、かけ湯とサウナの入り口があります。
かけ湯
写っていませんがすぐ近くに水風呂もありました。

正面に、内湯があります。
窓が大きく明るい内湯で、窓際に3つ並んでいます。
内湯
写真左は30℃台の真湯のジャグジーです。
その隣かが茶色いお湯の温泉の湯船です。
湯口からは約48℃のお湯が注がれ、湯船の中は43℃ほどある、ちょっと熱めの湯船でした。
この湯船で10人くらいは入れそうです。

内湯(ぬる湯)
あつ湯の湯船の隣に、さらに大きなぬる湯の湯船があります。
こちらには湯口はありません。
ここはあつ湯の湯船と繋がっていて、あつ湯のオーバーフローしたお湯をそのまま利用している状態です。
温度は40℃くらいで、湯船の一部がジェットになっています。
湯船の隅に廃湯口があり、溢れたお湯はそこから捨てられます。

他にもいくつかの施設がありますが、温泉を使っているのは上記の2つの湯船のみで、露天風呂もありますが、すべて真湯(塩素殺菌あり)です。

簡単に紹介しますと、
露天風呂
東屋風の屋根が付いた適温の浴槽、

露天風呂・奥
その向こうにぬる湯(30℃台)の浴槽が1つ。

塀が高いので海は見えませんが、敷地が広いので開放感は十分で、囲まれ感はそれほどありませんでした。
といっても真湯のため、ほとんど露天に入りませんでした^^;

脱衣所に掲示されている平成18年7月の分析書によりますと、こちらの温泉は源泉名「鶴亀温泉」。
泉温47.1℃、湧出量は毎分295リットル(動力)。
pH7.5、蒸発残留物7.750g/kg、成分総計7.963g/kg。
泉質は食塩温泉です。
そのお湯を加温して掛け流しで使っています。

湯口のお湯は無色透明で湯口の周りに多少色が付いている程度ですが、湯船の中では湯船の底が見えないほどの黄褐色。
塩味がするお湯で、湯口から手ですくってみると弱い金気臭も感じることができます。
体はよく暖まりますが、意外に後に引かない印象でした。

きれいな施設でゆっくりと楽しませていただきました。
週末になるとびっしり車が停まっている、人気の温泉です。
入浴料は600円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /