+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

うずら温泉

外観

北海道厚沢部町。
国道から建物の一部が見えますが、ちょっと分かりにくい場所にある温泉施設です。
この建物ができた当時は何の施設か分からず・・温泉に見えませんでした(笑)
今回立ち寄ったのは何年振りでしょうか・・10年は経っていると思います^^;
看板
余談ですが、厚沢部町は昔からイメージキャラクターをあちこちで使っています。
ここの看板にもおらいも君(笑)

さて、湯銭を払って中へ入りました。
営業時間直後だけあって、人が全然いません。
早速脱衣所へ入ります。
広々した脱衣所で、きちんと分析書なども掲示されていました。

浴槽
こちらが内湯です(露天はありません)。
広々としてきれいな浴室に、大きな浴槽。
ジャグジーと水風呂もありますが、そちらは真湯なので温泉を使っているのはこの大きな浴槽のみです。

湯口
こちらが湯口です。
湯口部分だけでなく、浴槽内部が一部茶色くなっています。

掲示されている分析書によれば、こちらの温泉は源泉名「うずら温泉」。
泉温30.0℃、湧出量は毎分160リットル。
pH8.5、成分総計が0.948g/kgのアルカリ性単純温泉です。
成分として多いのは食塩ですね。
湯使いは加温・オーバーフロー還水方式の循環ろ過・塩素殺菌。
塩素臭は感じますが、それほど強いものではありません。
さらに「浴槽内の温泉を毎日1/3ずつ入れ替えしています」との表示あり。
手触りが柔らかく、比較的早く体が暖まるお湯という印象でした。

内湯しかありませんし湧出量もそれなりにあるので、源泉そのままの湯船があっても面白いんですけどね〜。
それでも温泉らしさはある程度感じることができましたし、きれいで広々しているので結構気分よく入ることができました。

入浴料は400円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /