+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

Spa&Esthetique 翠蝶館

外観

北海道札幌市。定山渓温泉の1軒です。
日帰り入浴のみの利用はできませんが、ランチとのセットプランでお邪魔しました。

1階ロビー
館内へ入るとまずロビーに通され、座ったままチェックイン・会計です。
座ったままのチェックインは、最初からゆったりした気分になります。

レストラン翠苑
チェックインの後すぐの時間をランチタイムに指定していましたので、そのままスタッフの方にレストラン「翠苑」へと案内していただきました。

楽しみです♪
席に着いて料理が運ばれるまでの間が、ちょっとした楽しみの時間です。

メインのプレート
「レディースセット」の料理は、プレート2枚の一気出しです。
こちらが最初に運ばれてきたメインのプレートとなります。この時のお料理は、豚肉の炒め物・揚げ物2種・ローストビーフ・焼売・鰊のマリネ・サラダ。

スープ・粽・搾菜
もう一枚のプレートは、トウモロコシの冷製スープ・粽・搾菜でした。
彩りが良く調理法も様々で、目で舌で楽しみながら美味しく戴くことができました。

座った席の向きの関係で、スタッフの方が食事の進捗状況を何度か覗きに来ているのが見えて少し落ち着かない気持ちになりましたが、気にせず楽しむように心がけての食事でした。

飲み物とデザート
食後のデザートはイチゴショートケーキと果物のシロップ漬。飲み物はコーヒーと中国茶のどちらかになりますが、「疲労回復効果のある中国茶」と聞いてそちらにしました。
レディースセットだけあって量は控えめですが、程よくお腹が満たされる量で、十分満足できるランチでした。

お風呂セット
さて、食事の後すこし休んでから、楽しみにしていた温泉へ向かいます。
スタッフの方から渡されたバッグにはタオルと館内着が入っていて、手ぶらで来ても心配なく入浴できるようになっています。

地階へ
バッグを持って大浴場のある地階へと進みました。

脱衣場入口
楽しみにしつつ、暖簾の向こうへ進みます。

脱衣場
それほど広い脱衣場ではありませんが、必要なものは全て揃っています。
鍵付きのロッカーは12人分。大きなロッカーで、中にはスリッパを入れるスペースまで用意されていました。飲料水も用意されていますが、レモン水だったのが嬉しいです。

浴室
脱衣場にはドアが2つありますが、まずは内湯の方から入りました。
これまで入ってきた同じグループ内の温泉とは雰囲気が違い、タイル張りの昭和なイメージで意外に思いました。こちらの浴室には、洗い場・サウナ・内湯の浴槽があります。

内湯
内湯は10人ほど入れる大きさ。お湯の温度は41℃ほどでしょうか。
日帰り入浴をしていないおかげで、終始貸切状態でゆっくりと入ることができました。
ガラスの向こうに露天風呂が見えていますが、内湯から直接行くことはできません。

露天へ向かう
身体を流し内湯にさっと浸かってから、また脱衣場に戻ってもう一方のドアへ。
この先に露天風呂があるようです。

露天風呂
ドアを出て先へ進むと、見えていた露天風呂がありました。
岩に囲まれた造りの浴槽で、4-5人が入れる大きさです。
こちらは内湯よりも少し温めで、40℃ほどでしょう。

内湯の湯口
脱衣場に掲示されている平成17年6月の分析書によりますと、こちらの温泉は源泉名「定山渓温泉」。さらに手書きで「No.87」と書き足されています。
泉温66.4℃、湧出量※(自然湧出)。
pH6.7、蒸発残留物2.699g/kg、成分総計2.947g/kg。
泉質は食塩泉です。
掲示物によると、湯使いは加水あり・循環ろ過あり・殺菌あり。
内湯では循環ろ過しているのを確認できました。

殺菌ありですが内湯に入った時に少し薬品臭を感じる程度で、浸かっている間はほとんど気になりません。内湯の湯口の周りには茶色い湯の花のようなものがたくさん沈んでいて、弱いキシキシ感としっとりした感じがあり、落ち着いて浸かれるお湯という印象でした。
終始私1人でしたが、日帰り入浴をしていないうえにデイユースプランでも中学生未満の利用不可ということで、大人だけの静かな空間が心地よかったです。

1階ラウンジ
湯上りは1階のラウンジでのんびり。
このスペースにはコーヒー・オレンジ水・ミント水・レモン水などフリードリンクが数種類ある他、無料で利用できるマッサージチェアも2台設置されています。
丁度ほかのお客さんもおらず、スタッフの姿もなく気持ち的にもゆっくりできました。

2階エステルーム
ロビーの階段を上った先にはエステルームがありますが、こちらも一部休憩所として利用することができます。ちょっと覗くだけでしたが、中に入ったら眠ってしまいそうな雰囲気のスペースとなっていました。

料金は1人2935円(消費税・入湯税込)。
ランチと入浴、その他フリーで利用できる館内のサービスや雰囲気を総合すると、十分満足できる内容だったと感じています。久しぶりにのんびりできる時間と空間でした。
なお、前述の通り男性のみ・中学生未満の利用不可です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /