+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

旅館 鯉川

外観

北海道伊達市大滝区(旧大滝村)。
「鯉の里なかむら」「ゆの里みよし」と運営が変わり、現在は「御宿 竜松庵」で管理している湯宿です。竜松庵さんには移転前と移転後に何度か立ち寄っていますが、こちらは初めてでした。
なお、2014年8月の情報で竜松庵は露天風呂の故障のため日帰り入浴等の営業をしばらくお休みしているとのことです。

社
建物の横に車を停め、門をくぐるとまず目に入るのがこのお社です。源泉が流れていて、思わず足が止まりました。
少しだけ手で触れてから中へお邪魔しました。

エントランス
玄関に入ると、赤い絨毯が印象的な和風の館内です。
女将さんに湯銭を払って、廊下を進みます。

脱衣場
こちらが脱衣場です。
木の棚に籠の昔ながらの脱衣場で、館内の他の場所や調度品などと比べるとシンプルな造りになっている印象を受けました。

内湯
早速湯殿に入ります。
手前の壁に洗い場が並び、奥に湯船。カランは4カ所です。
窓の外には見事に手入れされている色鮮やかな庭が広がり、見ているだけで気持ち良さを感じました。

湯口
元々鯉にちなんだ名前の宿らしく館内のあちこちにも鯉の姿が見られますが、湯口も鯉になっていました。少し泳ぎ疲れた雰囲気ですが、味のある湯口です。湯口の温度は66.8℃ありました。

鮮やかなタイル
そして、水の中を連想させる群青色のタイルの中、湯口の鯉に向かうように鯉が泳いでいます。ここまで凝ったタイル張りの湯船は道内でも珍しいですね。
水面が揺れると鯉が見えなくなってしまうので、湯船に浸かるのがもったいない気持ちになりました。

鯉が泳ぐ
内湯は10人ほど入れそうな大きさがあります。
湯口のお湯は熱いのですが、ホースで水道水が加水されていて、湯船の中で温度は39.6℃。長湯向きの温度になっていました。

露天風呂
外に出ると露天風呂があります。
4-5人ほど入れそうな小ぶりの湯船で、温度は湯船の中で36.5℃。手すりに掴まっていないと転びそうな雰囲気でした。
不感温浴はあまり得意ではないので、内湯でのんびりしました。

脱衣場に掲示されている平成17年8月の分析書によりますと、こちらの温泉(451-048)は源泉名「大滝村4号井」。
泉温76.4℃、湧出量※(動力揚湯)。
pH7.9、蒸発残留物0.797g/kg、成分総計0.867g/kg。
泉質は単純温泉です。
成分的には含食塩-芒硝泉で、湯使いの掲示によると夏季のみ加水あり。加温・循環ろ過・殺菌はいずれもありません。
無色透明で湯口ではほのかに硫化水素臭を感じます。柔らかく弱いツルキシ感がある癖のないお湯で、ぬるめだったのでゆっくり楽しむことができました。

カフェコーナー
湯上りには女将さんが受付横のカフェコーナーで冷たい麦茶を出してくださいました。心遣いに感謝して、美味しく頂きました。

入浴料は500円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /