+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

ふれあいセンター・新館浴室

外観

北海道豊富町。
豊富温泉の町営の日帰り温泉です。
一旦宿に入った後、こちらに浸かりに行きました。
営業終了時間まで余裕がなかった&湯治浴室は朝に入りたかったので、この時は新館浴室だけに入らせていただきました。
入口
湯治浴室の前を通過し、さらに廊下を進んでゆくと、新館浴室の入り口があります。

脱衣場
こちらが脱衣場。同じ時間でも湯治浴室の方が入浴客が多いのかと思いきや、どちらも同じくらい混んでいて驚きました。
早速浴室の中へ向かいます。

湯船
湯船はこの1つのみ。
ガラス窓に沿って、長方形を途中でゆるく曲げたような形をしています。そこに、緑色に見える綺麗な色のお湯。
15-20人ほどは入れそうな大きな湯船です。
脱衣場から入って手前の部分が、一部ジャグジーでした。

湯口
こちらが湯口です。

かけ流し
お湯は湯船からどんどん溢れています。
溢れたお湯により成分が堆積しており、浴室の床を茶色く染め、凸凹にしていました。温泉らしい風景です。

成分が堆積しています
夜にここに入るまでに先に何軒か日帰り入浴していましたが、そのどこよりもインパクトがある、目にしみるくらいの石油臭でした。

掲示されている平成23年8月の分析書によりますと、こちらの源泉は源泉名「豊富温泉(R10号井)」。
泉温43.1℃、湧出量は毎分45リットル(動力揚湯)。
pH7.7、蒸発残留物12.41g/kg、成分総計13.93g/kg。
泉質は含重曹-食塩泉です。
このお湯を加温・かけ流しで使用しています。

入っていてかなり汗をかくお湯でしたが、それ以上にヌルヌルした油のお湯という感じでした。翌日に湯治浴室に入ったのでそれより薄い印象となりましたが、それでも浴室に充満する香りや湯触りには十分なインパクトがあると思います。
営業時間のぎりぎりまで、たっぷり浸かってお湯を楽しめました。

入浴料は500円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /