+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

矢野旅館

外観

北海道松前町。
松前の観光情報には必ずといいほど載ってくるこちらの旅館ですが、松前町では貴重な温泉施設です。
あまり時間がありませんでしたが、汗を流すのにお湯をお借りしました。
ロビー
フロントから奥の廊下へ。
このロビー部分には、地元の子供たちの川柳などが展示してあり、あがってから楽しく見させていただきました。

さて、その奥に脱衣場があります。
ロビーまでは改装してあるようですが、脱衣場は懐かしさを感じる脱衣かご。何となく落ち着きます(笑)

さて、こちらが内湯。
洗い場は11箇所ですが、それ以外のスペースが多く、広々としています。
内湯
こちらが内湯。
10人ほど入れそうな大きさで、温度は43℃ほど。
若干濁った薄い緑色のお湯です。

露天風呂
露天風呂は4-5人ほど入れる大きさ。
温度は内湯よりちょっとぬるい41℃ほど。
建物で囲まれているため周辺の景色は望めませんが、こちらも湯船以外のスペースが広めでベンチがあり、涼むのに丁度良かったです。

脱衣場にある平成20年の分析書によれば、こちらの温泉は源泉名「湯遊倶楽部」。
泉温34.9℃、湧出量は毎分110リットル(動力)。
pH7.4、蒸発残留物3.169g/kg、成分総計3.244g/kg。
泉質は芒硝泉です。

湯使いは加温あり、循環ろ過あり、塩素殺菌あり。
若干のキシキシ感がある、薬品臭のするお湯でした。
湯使いには「一部循環ろ過」と書いてありましたが、内湯はオーバーフローなし。露天が若干あり、というところ。
「微弱苦味・微弱硫化水素臭」と書かれた分析書や露天風呂の湯船に着いた色を見ると、余計に源泉に触れたかったです。
それでも初めてのお湯でさっぱり汗を流してきました。

入浴料は600円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /