+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

川汲温泉旅館

外観

北海道函館市。
わずか2軒の温泉宿しかない川汲温泉ですが、久しぶりに通ったら2軒とも健在で嬉しくなりました。
こちらの宿には初めて立ち寄りました。

フロントで湯銭を払い、奥の脱衣所へ向かいます。
廊下
建物自体はそれなりに時代を感じるものですが、こんな雰囲気のある廊下を見るだけでテンションが上がりました(笑)

この奥に脱衣場があります。
小さな脱衣場を通って浴室に入ると・・
浴室
左右に湯船が一つずつ。
中から聞こえるのはお湯の音だけです。
写真で見ると深さが分からないほど透き通ったお湯の温泉です。

向かって右の湯船の方が少し小さく、4-5人入れるほど。温度が45℃ほどあるあつ湯です。左の湯船は6-7人ほど入れるもので、こちらは42℃ほど。どちらもドバドバかけ流し。

かなりのかけ流しです
写真で見ても分かるくらい、2つの湯船の間はオーバーフローしたお湯で溢れています。
ここも贅沢なお湯の使い方ですね。

平成19年分析の分析書によりますと、こちらの温泉は源泉名「川汲温泉(川汲温泉旅館)」。
泉温46.4℃、湧出量は毎分168リットル(自噴)。
pH9.0、蒸発残留物0.794g/kg、成分総計0.782g/kgのアルカリ性単純温泉です。
お湯そのものは無色透明ですが、浴室に入るとふわっと硫黄臭を感じることができ、お湯に浸かると多少のキシキシ感あり。新鮮なお湯でたくさん汗をかきました。

時計を見ながらの湯浴みで存分にゆっくりすることができず残念でしたが、お湯も雰囲気もたいへん良く、とても楽しい時間でした。

入浴料は400円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /