+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

川湯神社の湯

外観

北海道弟子屈町。
2009年の初冬の日に、川湯神社へ行ってきました。
せっかく来ましたので、ご挨拶。
一礼して鳥居をくぐり、中へ入ります。
まずは手水舎へ・・・

手水舎
なんと、手水舎に温泉が流れています(笑)
さすが川湯ですね〜
寒い季節は地区のあちこちに湯煙が見られ、温泉地に来ている実感がありますが、手水舎まで温泉とは知りませんでした。
でも、「飲用できません」って・・まぁ、ごくごくと飲めるタイプのお湯ではありませんが、口を清めるのも×なんでしょうか^^;

さて、ご挨拶も済んで、周辺を見てみました。

元浴場
神社の敷地の横には、既に使われていない浴室の建物があります。


手水舎の横辺りには、ドバドバと流れる怪しい光景が・・


いい色の温泉の川ですね〜。
ここで入浴することはまず無理でしょうけど、なかなか楽しそうな場所でした。

そして2013年の冬にも、また立ち寄ってみました。

ダイヤモンドダストが光る中、ご挨拶。


雪の多い冬となりましたが、手水舎は雪かきされておりました。


ここのお湯は健在。ただ・・手を入れても非常にぬるく、手を温めるのには使えません。
・・というより、手湯ではないのでそれで良いのだと思います^^;
雪の中で鮮やかな黄色が目に楽しい、そんな手水舎でした。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

こんにちは。
いつも参考にさせて貰ってます。
ところで、
>>ここで入浴することはまず無理でしょうけど

某じゅんさんなら余裕でやりそうな……(笑)
  • from nobu :
  • 2009/12/12 (12:47) :
  • Edit :
  • Res

無題

>nobuさん
こんにちは〜。
コメントありがとうございます^^
実はここは以前に某じゅんさんが記事にされています↓
http://505060.blog12.fc2.com/blog-entry-659.html
コメントからすれば、某じゅんさんも入浴してはいないと思います(笑)
他の野湯ブロガーさんも、ここは無理と言っていたように記憶しております^^;
でも、ブログ上でそう言っているだけかもしれません(謎)
  • from のん :
  • 2009/12/12 (13:18) :
  • Edit :
  • Res

無題

はい、某じゅんさんです(笑)
ココで入浴するとさすがに連行されると思いますね
公然入浴禁止です(謎)
 
手水舎、気が付きませんでした!
こんなのあったかなぁ〜?
今度手湯しに行ってこようと思います♪
  • from じゅん☆ :
  • 2009/12/12 (23:08) :
  • Edit :
  • Res

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /