+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

光林荘

外観

北海道乙部町。
館浦温泉の1軒です。
隣の「いこいの湯」には過去に何度も立ち寄っているのですが、光林荘は初めてでした。
湯銭を払って中へ入ります。
古い健康器具
建物そのものは外観も中も昭和の雰囲気で、何となく落ち着きます。
脱衣所の手前のスペースには、古い健康器具が幾つか置いてありました。

脱衣所に入り、掲示物などをチェックします。
掲示物
湯張り時に井戸水を加水しているようですが・・
同じ加水でも文字通り「水増し」している温泉と全く意味合いが違いますが、加水「該当あり」という同じ括りになってしまうんですよね^^;

さて、浴室に入りましょう。
浴室
石畳の広い浴室に内湯のみの湯船。
もっと早く入りに来ればよかったと思いました^^;
この佇まい、かなりツボです。

源泉槽
2つの湯船の間には2つの源泉槽があります。
お湯はここからそれぞれの湯船に注がれています。

成分が堆積してます
そこには成分が堆積しており、視覚的にも楽しめますね。

大きい湯船
こちらが奥にある大きな湯船です。
10人以上は入れそうな大きさです。
湯船中央で温度を測ると、約42℃ありました。

小さい湯船
こちらが手前の方にある小さい湯船です。
それでも5-6人は入れそうです。
お湯の温度はこちらの方が熱く、約44.5℃ありました。
どちらの湯船も石組み+タイルの湯船で、静かにお湯がオーバーフローしています。

分析書によれば、こちらの温泉は源泉名「乙部町館浦温泉」
源泉温度72.8℃、湧出量毎分300リットル(動力)
pH7.2、ラドン5.465マッヘ単位/kg、成分総計5.429g/kg
泉質は含食塩-芒硝泉です。

淡い緑色透明のお湯で、お湯に浸かるとツルツル感があります。
口に含むと弱い塩味を感じる、よく暖まるお湯で、とても汗をかきました。
熱いお湯の湯船の方がツルツル感がありました。

訪問時は私一人の貸切状態で、2つの湯船に交互に入ったり脱衣所に出てクールダウンしたりを繰り返しながら、この広い空間とお湯を楽しませていただきました。
是非また再訪したいと思う温泉でした。


ちなみに、宿の周辺には
神社
ポンプ小屋や写真の小さな神社、足ツボを刺激する「はだしのこみち」などがありました。

入浴料は400円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /