+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

富士の湯温泉ホテル

外観

北海道白老町。
竹浦温泉の一軒です。
温泉付き分譲地を探検していたらだいぶ時間が過ぎ、「そろそろお湯に浸かりたいな」と思ったら目の前にあったので入ってしまいました(笑)
数年前に一度立ち寄ったことがある温泉宿です。
前回立ち寄った時は、入浴料が50円値上げする前日でした。
以前は日帰り250円だったんです。
50円値上がりしても安いんですけど^^;

久しぶりに入ったこちら、全然変わってませんでした。
ちょっと違う点は、湯使いの表示がされたくらいでしょうか。
湯使いの表示

分析書が貼ってありますが・・
古い分析書
壁に直接テープで貼ってあり、しかも読みにくい・・
はがしたらそこだけ壁の色が違っていそうです^^;

さて、脱衣所から浴室へ入りましょう。
ここの浴室は、湯船の構成や途中からタイルが違うなど、後から新しい浴室を追加したような形をしています。

まず脱衣所から入ると正面にあるのが古めの湯船。
一番奥の湯船
一番奥に3-4人ほど入れそうな源泉かけ流しの湯船があり、

壁を隔てて右側には
もう一つのかけ流し湯船
少し大きいもう一つのかけ流しの湯船があります。
奥に見えるのは超音波風呂。
超音波風呂は当然のごとく循環・塩素殺菌ありです。

この湯船の湯口は・・
湯口
こんなパイプです。
湯口にコップが備え付けてありますね〜。
温度を測ったら湯口で47.8℃、湯船の中で43.8℃です。
体感では奥の湯船の温度もほとんど変わりません。
浴室内で一番熱い湯船となっています。

超音波風呂の向こうには
大浴槽
大浴槽があります。
ここはぬるめで長く入っていられる温度ですが、残念ながら循環ろ過・塩素殺菌あり。
お湯の吸い込み口も確認しました。

内湯だけで4つの湯船があるわけですが、露天風呂も負けてはいません。
広々している露天エリアに入ると・・

露天風呂1
一番手前に、5-6人は入れそうなかけ流しの湯船があります。
露天風呂の中では一番温度が高いのですが、それでも温度は40℃ちょっとというところでしょう(体感)。
それが丁度良くて、ついつい長風呂してしまいそうです。

そして、隣には一番大きい湯船。
露天風呂2
この湯船だけ全然雰囲気が違います^^;
なんで?と思ってしまう色です。
この湯船は、隣の湯船からのこぼれ湯+湯口から隣の湯船と同じお湯+加水なのですが、この岩の上から流れてくる水が茶色いのです。
表面にはフミン質のようなものも見られますし・・もしかしたらモール系の地下水なのかもしれません。
そう思ってここで働く人に聞いてみたら、全然分からないようでした^^;
ただ、40℃を確実に切るぬるさで、冬に入るのは寒いです。

露天風呂3
そして、一番奥にも小さな湯船あり。
ここもかけ流しですが、3つの露天風呂の中で一番温度が低く、多少温度が高い水風呂といった感じでした。

というわけで、全部で7つの湯船がある温泉ホテルです。
(女湯の方も同じかどうかは分かりかねます)
これで300円なら満足(笑)

分析書によると、こちらのお湯は泉温49.3℃、pH8.4の単純温泉。
680メートルの掘削による自噴で、湧出量は350リットル/分です。
成分総計は約0.715g/kgです。
特に内湯にある2つのかけ流し湯船では、この界隈のお湯に共通するヌルツル感を味わうことができました。
体もよく暖まる、良いお湯です。

古い・・
ロビーにはこんな古い設備が。
未だ現役なのでしょうか、気になるところです(笑)

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

こんにちは
女性側とはちょっと作りが違う大浴場〜

露天風呂の池?モール系の地下水?の正体が気になりますね。私はただの泥水と誤解していたんですが・・。

古い設備は試す自信がなかったです。
  • from かりん :
  • URL :
  • 2007/12/19 (19:03) :
  • Edit :
  • Res

無題

トラックバックをはらせてくださいね。
  • from かりん :
  • URL :
  • 2007/12/19 (19:05) :
  • Edit :
  • Res

無題

ほほ〜300えんですか。北海道で500円を切ってるとうれしいですよね。我が家はいつも奥さんと2人でキャンプなので、必ず2人分はらうことを考えるとどうしても400円以内の温泉(2人で1000円を必ず切るというのが目標、根拠はないのですが)を探してました。白老らしい、モールの湯船もあり、露天も内湯もあるっていいですね。
  • from 青森行夫 :
  • 2007/12/19 (22:52) :
  • Edit :
  • Res

無題

かりんさん
男湯と女湯では、湯船の構成や広さが結構違うみたいですね〜。
古いマッサージベッド?は、私も試す勇気がありません(笑)

トラバの件は了解しました〜。
  • from のん :
  • 2007/12/20 (01:01) :
  • Edit :
  • Res

無題

青森行夫さん
私も温泉資金が限られているので、500円以内だと嬉しいです(笑)

その点白老は200円-400円のところがたくさんあって助かります。どこも昭和のまま時代が止まったかのような建物ですが^^;
ここも300円で十分満足でした^^
  • from のん :
  • 2007/12/20 (01:10) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

富士の湯温泉ホテル

北海道道南の国道36号線沿いとその周辺の国道36号線の線路を超え一本山側の道路にある竹浦地区・萩野・白老地区がこんなに温泉の数が多いとは知りませんでした。 地図を片手に国道沿いにある虎杖浜温泉の「アヨロ温泉、」「赤富士荘」・「虎杖浜温泉ホテル」・「ホテルほくよう」・オーシャン・民宿500マイルなどは直ぐにわけど、今回の旅で線路側に温泉ラブホテル街があり、一本山側の道路の竹浦地区は鄙びた温泉などが多数ありこれには驚きます。アヨロ温泉の姉妹温泉の若湯温泉は200円や同じく200円で鄙びてゆっくりできる山海荘。近郊には『温泉ホテル和秀』と『富士の湯温泉ホテル』までそして・・そして・・と小さな...

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /