+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

消失した温泉

今日、道央にある消失した温泉へ出かけてきました。
行って見た光景に愕然としました・・

同時に所有者の方にもお会いして、いろいろと話を聞くことができました。
興味のある方だけ「続きを読む」をクリックされてください。
正直、ネット上に写真を載せるのは迷うところです。
(後ほど消すかもしれません)

とりあえず、現状はこのようなものです。
正面から
玄関付近しか残っていませんでした。

脱衣所があった辺り
だいぶ片付けられていますが、ここが脱衣所があった辺りです。

これだけでも無残なのですが・・
隣にあった母屋は全焼しています。

幸い、けが人などはいなかったようです。
ただ・・消防が駆けつけたときにはボイラー室から火が出ているだけで、浴室の建物も母屋も全く燃えていなかったのです。

それが、水が出ないとかあれこれと消防がもたつき、
「タンクに水を入れてくるから」と2台のうち1台がいなくなり、
池の水や湧き水を使ってくれと言ったものの、確認もせず「この時間じゃ凍ってる」とはね返され・・

そうしているうちに火は母屋に移り、全焼。
母屋の半分ほどが燃えた時点で屋根が落ちたそうですが、その弾みで浴室棟に引火。
結局、消防は火を消すことなくただ全焼させてしまったのです。

・・・怒りさえ込み上げてくる話でした。


源泉は変わらず流れる
その向こうで、源泉は流れ続けていました。

ただ、きっとここは再開します。
今の場所に新たに建てる意欲はおありのようですので、期待して待ちましょう。
その時に連絡したいからと連絡先を聞かれたので、間違いないと思います。

なお、旧施設での再開は現時点ではあり得ません。
なぜなら、旧施設には別の方が住んでおられるので。
所有者と親族関係にはない方ですので、まず無理でしょう。
(でも、交渉中のようですが)

また、猫やご家族はすべて無事です。
ただ、数匹の猫は現地で外で生活しているようです。
1匹はとても人懐っこく、立っていても肩の上まで乗ってきました^^;
その時の画像↓
肩に乗るネコ
歩いても全然降りようとしません。
耳元でゴロゴロミャーミャー言いながらずっと乗っかってました。


いろいろとお話してきましたが、今のところ話せるのはそれくらいです。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

ココが火事になったと聞いた翌日に
私が「デマであって欲しい」と訪問した時には
管理人さんがお留守でお会いできず
お見舞いも渡せなかったんですよ。

ただ現場で呆然とすることしかできませんでした。

その後管理人さん含め同居されているご家族もご無事なことは、
私の一報後に訪問したぴかリン姉さんから聞いてはいたのですが
その姉さんも黙々と片付けをされている皆さんのご様子に
さすがに焼失の原因や再開等のお話は出来なかったと聞いていました。

もう少し時間を置いてから再度伺おうかと思ってました。

さて、のんさんのレポを読んで・・・
のんさん同様、消防の対処にフツフツ怒りが込み上げてきます!
出火がボイラー付近だったとはいえ
初期消火がしっかりしてくれていたら・・・本当に悔やまれますね。

でも、再開されるご意志があるとの管理人さんのお話をココで聞けて嬉しいです。
  • from KOBAN2 :
  • URL :
  • 2008/01/14 (02:20) :
  • Edit :
  • Res

無題

会長で御座います。

ご報告ありがとう御座います。
写真見て様子判りました。

経営者の意欲がお有りの様子なのでそれに期待したいですね。
  • from 会長 :
  • URL :
  • 2008/01/14 (18:16) :
  • Edit :
  • Res

無題

KOBAN2さん
現場に行ったら何もなくなっていたのでショックでした‥
ボイラー室だけで済むと思った火事があの結果ですから‥所有者の方もやりきれない様子でした。
でも、再開した時には連絡するから電話番号を教えて欲しいと私にも言ってたので、このままやめるということはなさそうです。
温泉より母屋の方が先でしょうから、時間はかかるかもしれませんが‥。
向こうに行くことがあったら、また顔を出してみようかと思っています。
  • from のん :
  • 2008/01/15 (00:04) :
  • Edit :
  • Res

無題

のんさんも、行ったのですね。☆は、こばんさんから情報を得て7日に行ってきましたが
まだ「きなくさい」でした、ご家族(おばあちゃんはいませんでした)で かたずけをされていました。
画像を拝見すると、かなりかたずいているようですね・・寒い中黙々とかたずけておられ 
大変だと思いました。
いつの日か、再開されることを切に願っています。
  • from ぴかリン :
  • 2008/01/15 (01:02) :
  • Edit :
  • Res

無題

会長さん
面白半分に書いてるわけではないにしても何枚も写真を載せるのは不謹慎な気がしたので、必要最低限の写真だけで留めました…
火事の後ぐっと冷え込んだので、片づけ作業がはかどらないと言っておられましたね^^;
再建までいろいろと大変でしょうけど、頑張ってほしいです。
本当に地元の方に愛されてる場所なので、きっとうまくゆくと思います^^
  • from のん :
  • 2008/01/15 (09:46) :
  • Edit :
  • Res

無題

ぴかリンさん
コメントがすぐにブログに反映されなくてすいません^^;
コメントも承認制にしたもので^^;

ここ、きれいさっぱりなくなっていたのが余計にショックでした…
旧施設には親族ではない別の方が住んでおられるので、きっと毎日あの場所に出かけて作業されてるのだと思います。
同じ理由で旧施設での再開はできないので、気長に待つしかありませんね^^;

あ、そうそう
財界さっぽろの雑誌はどこに売ってるのか聞かれたので、一冊プレゼントしてきました。
座談会の記事の中に載ってましたから^^
  • from のん :
  • 2008/01/15 (12:05) :
  • Edit :
  • Res

無題

消防の対処の悪さからボイラー室の火が直ぐに消せたら、母屋にも燃え広がならないで、すんだ火事なのにと・・・消防への怒りを感じます。
とても悲しいです。
再開される話しがわかりその頃にまた伺いたいです。
  • from かりん :
  • URL :
  • 2008/01/15 (18:13) :
  • Edit :
  • Res

無題

かりんさん
こんな話を聞くとがっかりしますが、きっと消防の人も焦ったでしょうね・・消すどころか全焼させてしまったんですから^^;
管理人の方は、まだ火の手が回っていない温泉棟の玄関から物を出したかったのに、一切入らせてもらえなくて燃えてしまったことも嘆いていました。
これから大変でしょうけど、再開して欲しいですね〜。
  • from のん :
  • 2008/01/16 (23:16) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /