+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

稲富荘

外観

北海道網走市。
温泉分譲地の中にある、民家のような温泉宿です。営業開始時間が変更になっていて(午前10時から)危うく入りそびれるところでしたが、何とか立ち寄ることができました。
湯銭を払い、ご主人に脱衣所まで案内してもらいました。
脱衣所の手前は広い休憩所になっています。

早速脱衣所へ入り、浴室へ向かいました。
(ずっと話しかけられていたので、写真はありません^^;)
でも結局、ご主人は浴室の中まで話をしに来ましたが・・(笑)

浴室
こちらが浴室の全景です。
タイル張りの床と、木製の壁がいい雰囲気ですね〜。
湯船は3つあるようです。

奥の二つの湯船
奥の2つの湯船です。どちらも5-6人ほど入れます。
向かって左の湯船に湯口があり、左の湯船は47-48℃ほどありました。
そこからオーバーフローしたお湯が隣の湯船に流れており、右の湯船は43-44℃ほどで、入るには丁度良い温度になっています。

小さなぬる湯
そこからさらにオーバーフローしたお湯が、手前の2人入ればいっぱいくらいの小さな湯船に注がれていました。この湯船の温度は40-41℃ほどです。

湯口
こちらが湯口で、管の先端からお湯が勢いよく出ていました。
以前はだいぶ温度が低かった時期もあったようですが、湯口付近は近寄りがたい熱さでした^^;

掲示されている平成12年の分析書によりますと、こちらの温泉は源泉名「オホーツク稲富温泉」。
泉温51.9℃、湧出量毎分135リットル(動力揚湯)。
pH7.2、蒸発残留物13.07g/kg、成分総計13.78g/kg。
泉質は食塩泉です。
そのお湯をそのままかけ流しで使用しています。

緑色に濁ったお湯の中には茶色い湯の花が舞い、アブラ臭も感じます。
浸かると食塩泉らしいキシキシ感があり、非常に汗の出る温泉でした。

何度か前を通っていたものの入るのは初めてだったので、いい湯に浸かることができて大満足でした。

入浴料は500円です。


ちなみに・・・
廃墟
すぐ近くにあるこの廃墟も、温泉施設だったような気がします。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /