+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

銭湯料金が値上げします

以下は、7月19日付の北海道新聞(web版)からのコピペです。
ご覧になった方も多いかもしれませんが、温泉に関わる話題でもありますので、載せておきます。

タイトルは "道内銭湯30円値上げ 来月から大人420円 「客離れ心配」"
原油高騰の影響は、庶民が一日の疲れを癒やす銭湯にも及んできた。道内の公衆浴場の大人料金が八月中旬から三十円値上げされ、四百二十円になることが十八日、固まった。重油価格高騰と利用者減少が理由で、三十円もの大幅値上げは、第二次オイルショック期の一九八〇年以来二十八年ぶり。「回数を減らして我慢する」という利用者もおり、経営者からは、値上げに安堵(あんど)しつつも先の見えない原油高と客離れを懸念する声も上がる。

 「値上げはありがたいけど、重油は値上がりし続けている。経営が大変なのは変わらない。(飲食コーナーなどを併設した)スーパー銭湯の影響でお客が減っているのに、さらに客足が減るのが心配」。札幌市南区の銭湯「川沿湯」の店主野田沙池さん(61)が嘆く。燃料の重油価格は昨夏まで一リットル六十円台だったが、今年に入って百円の大台に乗り、六月には同百三円に達した。

 道は六月、重油価格高騰などが銭湯の経営を圧迫しているとして、道公衆浴場入浴料金審議会(会長・高木裕之北海学園大教授)に料金改定を諮問。

 同審議会は十八日、「銭湯の経営努力を前提に収支が合う料金」と十二歳以上の大人料金を三十円値上げする一方、六歳以上(百四十円)と六歳未満(七十円)は据え置く答申をまとめた。値上げは十円上げた二〇〇六年四月以来二年ぶりになる。

 道によると、七一年度に千二百軒を超えていた道内の銭湯数は、〇七年度には四百七十八軒にまで減少。一日平均の入浴客数も二百十七人から百九人に減った。一方、公衆浴場数は近年増加しているが、この中には今回の料金改定の対象にならないスーパー銭湯や公営温泉も含まれる。道は「客がこれら銭湯以外の浴場にも流れている」とみている。

 週に数回、銭湯を利用する同市内の六十代の女性は「値上げ後は回数を減らして我慢するしかない」。一方、六十代の男性は「体の温まり方が違うし、何よりくつろげる。三十円ぐらい上がっても通い続けるよ」と話す。

 道公衆浴場業生活衛生同業組合(札幌)の小西広幸理事長は「利用者に負担をかけるが、代替燃料への転換を進めて浴場を維持していきたい」と話す。

********** ここまでが記事全文です ***********


あまり時間がないので、コピペだけで恐縮ですが^^;
個人的には仕方ないのかな・・と思います。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /