+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

温泉関連のニュース

北海道の情報を扱ったニュースを、またまたご紹介。
ただ、コピペしてるだけなので、それ以上の詳しいことを聞かれても答えかねます^^;

なお、前回に続きこの記事も新着記事があるごとに追加していきます。
洞爺湖温泉で華やか「光のトンネル」が点灯を開始

 30万個の発光ダイオード(LED)と電球で彩る「光のトンネル」が20日、洞爺湖町洞爺湖温泉で点灯を始めた。点灯時間は午後7時―10時。来年2月15日まで。

 町が温泉街の中心部、洞爺湖万世閣向かいに整備している「にぎわい広場」に設置した。延長70メートルのイルミネーショントンネルが正式名称。外枠を覆うLEDと電球が付いたシートは、同町出身者が勤務する静岡県御殿場市の総合レジャー会社「時之栖(ときのすみか)」からプレゼントされた。

 「光のトンネル」は、北海道洞爺湖サミットの歓迎ムードを盛り上げるため、昨冬も設置されたが、今回は一段と華やか。長崎良夫町長らのテープカットと同時にスイッチが入ると、きらびやかな電飾のトンネルが浮かび上がり、訪れた観光客らが「きれい」と見とれていた。

2008年12月21日・室蘭民報

++++++++++

温泉・寄席を楽しむバスの旅

 温泉につかって寄席を楽しもうと、JR北海道主催のバスの旅が来年1月23、24の2日間、北見市留辺蘂町温根湯温泉の大江本家で行われる。参加者80人を募集している。8日締め切り。

 寄席では旭川の旭笑長屋(きょくしょうながや)による大喜利、戯連堂(けれんどう)のマジックなどが行われる。

 おとな1人の旅行代金は網走、美幌、北見発着で7500円(4人1室)、8600円(3人1室)、1万1500円(2人1室)。

23日は網走駅正午発、美幌駅午後零時40分頃発、北見駅午後1時頃発など。
申し込みは2人からで、JR旅行センター北見支店へ。

2008年12月23日・経済の伝書鳩

++++++++++

白老で「プチ湯治」を 観光協会がリーフレット

 保養を目的に二泊以上滞在する「プチ湯治」を推進する白老観光協会は、白老・虎杖浜温泉の施設紹介や効果的な入浴法を盛り込んだリーフレット「プチ湯治のススメ」を作製した。

 「体が赤くなったり、汗が出るまでお湯に漬からない」「温まった体を内臓から急激に冷やさない」など、「温泉博士」として知られる松田忠徳さん(札幌国際大教授)直伝の、温浴効果を高めるポイントを掲載。同協会公認で効果的な入浴法を伝授する十一人の「しらおい温泉入浴マイスター」も紹介している。さらに二十六の温泉施設と、土産物店や飲食店、パークゴルフ場など観光施設の情報を掲載している。

 A4判、8ページ。四万部作製。同協会や町内温泉施設などで配布している。

2008年12月24日・北海道新聞

++++++++++

洞爺湖温泉・年末年始の宿泊予約今からでもOK
 
 洞爺湖温泉観光協会(若狭洋市会長)は22日、年末年始の宿泊予約状況をまとめた。景気の悪化で観光控えが顕著になり、31、1日でも空きが目立っている。「今からの申し込みでも十分に部屋を確保できます。各ホテルに予約を入れてください」と売り込んでいる。

 とうや湖温泉旅館組合に加盟する温泉街のホテル、旅館は14施設、収容人数は合計5500人。年末年始は例年、「年越しや正月は温泉でのんびりと過ごしたい」という家族連れらでにぎわう。

 今年は7月に北海道洞爺湖サミットが開催され、会場となった洞爺湖温泉の知名度は上がったが、秋以降の急激な景気の落ち込みが入り込みにブレーキをかけ、年末年始の宿泊予約にも影響を及ぼしている。

 22日現在のまとめによると、31、1日に満室、ほぼ満室になっているホテルもあるが、ある経営者は「例年に比べ満室になるのが遅く、毎日気をもんでいた」と話す。

 27日以降の予約状況は「余裕がある」「若干余裕がある」が多く、31、1日でも「まだ間に合います」という施設もある。2日以降は「冬休みを利用した家族連れらの申し込みに期待したい」としている。

 受け入れ態勢は万全。洞爺パークホテル天翔と洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラスの間のイルミネーションストリートは、年末年始も優しくまたたく。向かいの広場では「光のトンネル」がきらめき、温泉街の行く年、来る年に彩りを添える。

2008年12月23日・室蘭民報

++++++++++

登別温泉街周辺で来年6月に「スパトライアスロン」

 温泉とトライアスロンを組み合わせた新競技「スパトライアスロン」が来年6月、登別温泉街で行われる。全国から出場者を募るPR作戦も予定しており、1000人程度の参加を見込んでいる。登別観光協会は地元で準備委員会を結成し、登別温泉を広くアピールして誘客促進につなげたい考えだ。

 スパトライアスロンは長距離走・徒歩と自転車、温泉入浴を組み合わせた競技。東京のイベント会社が企画し、平成18年から全国の温泉地などで開催している。年齢を問わず誰でも気軽に参加できるのが特徴。

 登別では登別温泉街と大湯沼、倶多楽湖周辺をコースにし、競技中に天然足湯入浴などが組み込まれる予定になっている。

 登別観光協会は「登別温泉をPRする絶好の機会」と位置づけ、地元旅館組合、商店街振興組合と準備委員会組織を立ち上げる。実行委員会が持つ25トントラック「足湯号」を来年2月のさっぽろ雪まつり、3月の東京マラソンに派遣して天然足湯をPR。スパトライアスロンへの参加を募るとともに、鬼花火など登別観光全般を売り込む。

 登別観光協会の桂政勝誘客宣伝委員長は「登別温泉の知名度に、自然景観の素晴らしさといった付加価値を付けてPRするチャンス。東京マラソンの参加者に登別の足湯で疲れた足を癒やしてもらうなど宣伝活動に力を入れ、大勢の参加を募りたい」と話している。

2008年12月25日・室蘭民報

++++++++++


「かんぽの宿」譲渡見直しを=日本郵政に要請へ−鳩山総務相

 鳩山邦夫総務相は6日夜、日本郵政が保養・宿泊施設「かんぽの宿」70施設をオリックス子会社のオリックス不動産(東京)に譲渡する契約について、「こういう景気の状態で焦って売るのはどうか。なぜ一括譲渡なのか疑問を感じる」と述べ、契約見直しを求める意向を明らかにした。都内のホテルで記者団に語った。
 かんぽの宿は、法律の規定により2012年9月末までに譲渡または廃止すると決められている。総務省は日本郵政の売却方針を認める方向でいたが、同相の発言について「重く受け止め、対応したい」(幹部)としており、契約内容の見直しが可能か検討する構えだ。
 鳩山総務相は見直しを求める理由として、「オリックスの宮内(義彦)会長は規制改革会議の議長をやり、郵政民営化の議論もそこでされた。そこに一括譲渡となると、国民ができレースではないかと受け取る可能性がある」と説明。併せて「人気の高い施設は地元の資本で買ってもらい、地域振興に生かすべきではないか」との考えも示した。
 同相はまた、譲渡先を決める入札方法が分かりにくかったと指摘。かんぽの宿譲渡のために行う日本郵政の会社分割を「認可しないことは十二分にある。世論の動向を見極めたい」と語った。
 一方、日本郵政は「直接話を聞いたわけではないのでコメントできない」(報道担当)としている。オリックスは「現時点では静観するしかない」(社長室広報)と話している。 

2009年1月6日・時事通信

++++++++++

「郊楽苑」売払いのお知らせ(二次募集)

 町では、町民の保養、研修、交流の場並びに滞在型観光への転換を担う拠点施設として「郊楽苑」を平成3年に建設し第三セクターで運営を行ってきました。しかしながら、施設の老朽化や第三セクターを取り巻く社会情勢が大きく変化し、今後は経営力や蓄積されたノウハウ等を活かした民間経営に委ねることが最善であると判断して、引き続き温泉入浴ができるなど、現在の経営形態を継続することを条件に、個人又は法人に土地と施設等を「条件付一般競争入札」にて売却することとしました。
 平成20年11月25日付にて、町内に住所や事務所を有していることを条件に一次募集をしましたが、今回は、町内外を問わず再度募集します。

 入札に参加される方は、次の入札説明書・入札心得・売買契約書等に記載された事項について内容をご確認のうえ、参加をお願いします。

○入札申込期間
 平成21年1月8日(木) から 平成21年2月9日(月)
 午前8時30分〜午後5時30分(土日祝祭日を除く)

2008年12月29日・別海町HPより(詳細はこちらから)

++++++++++

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

白老の温泉めぐりは探せば色々と見つかりますね。
夏ごろ高速道路から見ていると新しい掘ってる様子を見つけたので秋に探したけどその場所が特定できずに困っています。

余市と言えば・・・宇宙館(?正式名が思い出せず)閉館にあるとか。

お世話になりました。
色々なアドバイスと情報には助かりました。
知らないことも多くあり、参考にさせていただいたこともありました。
来年も宜しくお願いします。

ちょっと早いのですが
良いお年を!
  • from かりん :
  • URL :
  • 2008/12/26 (16:13) :
  • Edit :
  • Res

無題

>かりんさん
白老はいろいろと頑張っている印象がありますね。
リーフレット、見てみたいと思いました。
虎杖荘が閉館になってしまいましたが、良い方向に進むといいですね。
新しい掘削現場ってどこなんでしょう?
もしあるなら行ってみたいです。

こちらこそ、お世話になりました。
ゆっくりネットしている時間がなく自分のブログだけで精一杯で‥いつも覗きにいくだけですみませんでした^^;
よいお年を^^
  • from のん :
  • 2008/12/29 (09:19) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]
[06/02 ひで]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /