+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

白老町内を巡る?

看板

先日白老に行ったとき、久しぶりに町内の源泉めぐりをしてきました。
バーデン団地などに行ったのがちょっと前のことだと思っていましたが、記事を見たら約1年前でした^^;
時間が経つのは早いですね・・。
今回は萩野で食事をしたので、まずはその周辺から。

ポンプ小屋
あけぼの団地と呼んでいいのか・・そのわずか手前なので別の団地なのか、その中にあるポンプ小屋です。
特に目立ったトピックスはありません。
こぼれ湯もなくて、見てきただけでした。

集会所とポンプ小屋
同じポンプ小屋でも、こちらはだいぶ雰囲気が違います。
集会所に併設してポンプ小屋がありました。
ここは立入禁止になっていますので、遠巻きに見るだけ。

こぼれ湯もあります
よく見ると、お湯が捨てられているようです。
しかも、ポンプ小屋とは全然別の場所から。
この集会所の中にも、何かあるのかもしれませんね(笑)
この地域の方だけの場所なのでしょう。

ポンプ小屋
さらに、道路を挟んで向かい側にある団地の中には、民家に並んで別のポンプ小屋がありました。
もちろん今でも稼動しているようですが、この小屋に貼られている看板によれば、昭和57年1月の日付で「現状では今後、新規給湯は不可能となりました」と書かれています。

既存の住宅のみです
この小屋から伸びるパイプからはちょろちょろと音がしており、少ないながらお湯が流れているのが確認できました。
でも、ここじゃ何もできません^^;

竹浦クラウン団地
さらにちょっと移動してみました。
ここは竹浦クラウン団地のポンプ小屋です。
他とは違ってスーパーハウスの中にポンプがありました。

ちなみに、この源泉の近く・・ここから見える位置にホテルがあるのですが、残念ながらそのホテルに温泉はないようです^^;

元家族風呂施設
そして、最後に目に入ったのは、元家族風呂として営業していたと思われるこの建物。
以前は誰もおらず、温泉がただ排水に流されるままになっていたのですが、今回は浴室の屋根の煙突から湯煙が上がっており、どなたかが住んでおられるような気配がしていました。
個人宅となってしまったのか、それとも営業している(する準備をしている)のかは未確認のため全く不明ですが、こういうのを見ると楽しくなってきます(笑)

道内では温泉付き住宅の数が圧倒的に多い白老町。
付近に温泉施設が全くなかったり、「○○団地」という名称が付いていないような場所でも、温泉付き住宅が多数存在しているようです。
次回足を運んだときには、またそんな場所を見つけに行きたいですね。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /