+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

夕張でブラブラ

時間ができたので、夕張市内をぶらっと巡ってきました。

ただ、ちょっと準備期間が短すぎたようで・・
まともに記事にできるものがありません(笑)
興味のある方だけ、続きをどうぞ^^;
まずは「鹿の谷夕張市3号泉」。
ここは場所はある程度分かっていたのですが・・
結局見つけられず。

未利用の源泉ということでもし見つけられたら・・と期待したのですが、今度の宿題になりました。
ちなみに、手元のデータによれば、1989年掘削
深度1331m、泉温18.3℃、湧出量毎分18.4リットル。
pH7.1、ガス成分を除く溶存成分計2.275g/kg。
ナトリウム・カルシウム−(強?)塩化物泉だそうです。

湿地帯のようでした続いて向かったのは、清水沢ダムの向こう側にあるという廃井。
この辺りはちょっとした湿地帯?
道路際から見る限り何もありませんでしたが、これも若干探す場所がずれていたようです^^;
ダメダメですねぇ・・

ゲートに阻まれる
さらに別の廃井にも向かいましたが、この林道は一般車両通行禁止でした。
張り切ってスタートしたのに・・

畑
この近くの地区はあちこちに農業用でしょうか、水を汲み上げているような場所が幾つもありました。
地下水源が豊富なのでしょうか。
ふと見ると湯小屋に見えてしまいます(笑)

歩いてスタート
そんなわけで、まともに記事にできるのはここくらいです(笑)
車を停めて歩きます。

緑
途中の景色を見ながら歩き、

滝
雨で増水した滝の勢いにちょっと焦り、

一瞬獣臭い匂いがしてガサッと音がしたのですが、
鹿だったり(笑)

崩
道路が少しずつ崩れてきているのを見ながら、

源
着いたのは日吉夕張市1号泉。
いろいろな意味で話題になった場所です。

物
源泉小屋の後ろには、補修用の物でしょうか。
まだ新しい感じがしました。

望
そして、眼下には・・まだ湯船がありました(笑)
降りてみましょう。

足
手前が足湯のようになっていますが、かなり滑りやすいので注意が必要です。
ここで怪我をしても助けを呼べません。

船
湯船そのものはあちこちで見かける以前のと変わりません。
湯船の周辺は多少変化しているでしょうか。

湯
お湯そのものは透明です。

口
こちらが湯口。
湯船の中に湯口があるのは理想的。
湯量も豊富なので、新鮮なお湯なのは間違いありません。

増
そこからも冷泉が出ているらしいのですが、とにかく今日は雨で水量が多いので近づかないでおきました。

手元のデータによれば、深度703m、泉温40.4℃。
湧出量毎分345リットル(ポンプ使用時。自噴時は泉温38.0℃・湧出量毎分185リットル)。
ガス成分を除く溶存成分計2.083g/kg。
泉質は含土類-強食塩泉です。
金気臭があり、塩辛く、泡つきのあるお湯です。
湯船の中では40℃ほどで、一人でゆっくりと入ることができました。

別
ここについてはいろんな意見があることと思いますが、元々"有志"が人の物を利用して人の敷地に勝手に作った湯船ですから、将来的になくなっても仕方ないと思います。
残るならそれもありですが、私は何もなくただ川にお湯が捨てられてた1年前の姿の時に見てみたかったです。
その方が楽しめたかもしれません(笑)

と言いつつも、とてもいいお湯でした。
気温はそれほど高くありませんでしたが、お湯のお陰で体が暖まりました。今もお湯の香りがまだ肌に残っていて、心地よいです。

※この湯船は結局、市からのお達しで壊されました。
ここを人を呼ぶ目玉にしたいという思惑もあったようですが、同時に危険な状況もあったと聞いています。
ただ、壊されてからも再建しようとする人がいたり‥
ただ捨てられていたお湯はもったいないですし、お湯に罪はありません。でも、それを利用する側の問題で非常にゴタゴタしてしまいました。
突然北海道内でマスコミに騒がれ有名になり、そしてあっという間に消えたこの湯船を、記録として残しておきたいと思います。
やっぱり温泉についても、やりすぎは良くない。
そう思います。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /