+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

ホテルあづま

外観

北海道長万部町。
長万部温泉の一軒です。先日の講演会の後、日帰り入浴で立ち寄りました。
長万部温泉には現在は7軒の宿がありますが、そのうち一番歴史があるのがこちらの宿だそうです。

脱衣場入口
館内に入り受付湯銭を払って、中へ進みます。
赤い絨毯の廊下、脱衣場のドア・・どれも昭和の香りで嬉しいです。

脱衣場
早速脱衣場へ入りました。
木の棚にプラスチックの脱衣かご。シンプルな洗面台が2基あります。

浴室
男湯の浴室は長万部温泉で一番広いとのことで、湯船も2つありました。
浴室に入るとお湯の匂いがふわっと香ってとても心地よく感じられます。
そして床のあちこちのタイルの色が変わっており、視覚的にも楽しいです。
洗い場は2ヶ所に分かれており、それぞれシャワー付きカランが2基ずつでした。

あつ湯
脱衣場から入ってすぐ手前にある小さな湯船が、あつ湯の湯船です。
おにぎりのような形で3-4人ほど入れそうな大きさです。
湯口は湯船の中にあり、湯船の中で44.9℃。
一度足を入れたのですが、熱くて足だけで一旦出てしまいました^^;

ぬる湯
こちらがぬる湯の湯船です。ぬる湯といえど43.3℃と熱め。
奥は一部浅くなっており、そこを除いても10人は入れそうな大きさです。

湯口
こちらの湯口は湯船の外にあります。

脱衣場に掲示されている平成17年3月の分析書によると、こちらの温泉は源泉名「長万部温泉(長温R2号)」。
泉温49.6℃、湧出量は毎分600リットル(動力揚湯)。
pH8.0、蒸発残留物9.410g/kg、成分総計10.09g/kg。
泉質は食塩泉です。
湯使いの表示はありませんが、このお湯をそのままかけ流しで使用しています。
お湯は黄色透明で、気持ちの良いアブラ臭があります。
浸かるとツルキシ感があり、あっという間に汗だくになりました。

かけ流し
それにしても、2つの湯船からかけ流されるお湯の量の多さに驚きました。
かけ流されている部分の床は、歩くと足の裏が熱いくらいです。

長万部温泉では1本の源泉を7軒の宿で使っていますが、どの湯船も宿の規模に合った大きさなので湯量は十分。どこでも良いお湯に浸かることができる印象です。
こちらもその印象通りのお湯でした。
ぬるい方でしばらく浸かり、時々あつ湯。しっかり体を温めて家路につきました。

入浴料は400円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /