+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

ビジネスホテルまつおか

外観

北海道釧路市。阿寒湖温泉の道路沿いにある宿です。
普段はツアーバスのスタッフなどが利用する宿とお聞きしました。宿のホームページを見ると、こちらにも温泉があるとのことです。

浴室入口
1階のホールは食堂になっており、その横を通り奥へ進むと脱衣場があります。温泉である旨の表示が何もない無機質なドアが、逆に期待を高めます。ワクワクしながらドアを開けました。

脱衣場
ドアを開けると、コンパクトな脱衣場です。
木製の棚に、洗面台とドライヤー装備。
分析書をチラ見して、すぐに浴室へ向かいました。

浴室
タイル張りのこじんまりとした浴室です。カランは3つ。
内湯のみで、正面に湯船が1つあるだけです。

湯船
3-4人ほど入れる小さめの湯船です。
湯船の中で温度は41.8℃で、私には適温でした。

掲示されている平成24年7月の分析書によりますと、こちらの温泉(207-002)は源泉名「阿寒湖温泉(11号源泉)」。
泉温60.7℃、湧出量は毎分300リットル(動力揚湯)。
pH6.8、ラドン0.421マッヘ単位/kg。
蒸発残留物0.522g/kg、成分総計0.796g/kg。
泉質は単純温泉です。

私がお湯をいただいた時はまだ8割ほどしかお湯が溜まっていませんでしたが、このお湯を加水・加温・循環ろ過・殺菌いずれもなしでかけ流しで使用しています。
主成分は重曹で、カルシウムやマグネシウムなども含まれており、メタ珪酸も多めで柔らかさがありながら肌触りはキシキシする感じのお湯です。

ライオン
凛々しいライオンの湯口も、時間とともに温泉の成分が付着して鬣の一部が白くなっていました。
湯口の温度は57.3℃で源泉温度と3℃ほどしか変わりません。確かにお湯の新鮮さが感じられ、比較的短い時間で汗がポタポタと落ちてきました。同じ源泉を使う宿は他にもありますが、その中でもお湯の若々しさを感じられるのがこちらだと感じます。
貸切状態でお湯をいただくことができ、十分満足できました。

直接伺ったお話によると、現在は基本的に宿泊のみで、日帰り入浴は受け付けていないようです。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]
[06/02 ひで]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /