+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

糠平温泉ホテル・家族風呂

入口

北海道十勝地方。
ぬかびら源泉郷の1軒です。最初は名前を非公開にしていましたが、公式HPで内容を確認しましたので、オープンにさせていただきました。
カギ
以前からここの家族風呂は気になっていましたが、この度やっと入湯させていただくことができました。
ドアには鍵がかかっていますので、フロントで鍵を借りて、開けて中へ入ります。

脱衣場
ドアの向こうは小さな脱衣場になっています。
洗面台とカゴが1つあって、その向こうにドア。
ドアの向こうからは、お湯の流れる音がしています。

湯船
ドアの向こうにあったのは、小さな湯船でした。
大きさは2人では入れないくらいの大きさです。
そして、この時期らしく浴室は湯気たっぷりです。
カランは当然1つだけ。

かけ流し
お湯は源泉そのままのかけ流し。
この辺りのお湯はスケールが黒いためぱっと見で勘違いするかもしれませんが、お湯が流れる湯船の周りはボコボコしています。
レンガの壁とこの床、そして透明なお湯のコントラストが実に対照的でした。

ライオン
湯口は小さなライオンです。湯口から出るお湯は51℃。
湯口の湯量を絞ると湯船の底がぬるくなってしまうとのことで、湯船の大きさの割に湯量はしっかり。
熱いとは聞いていましたが、湯船の中の温度は47℃ありました。最初はシャワーを使って少しぬるくしましたが、慣れてくると熱くないと物足りない感じです。
何分か浸かっては出て休む・・を繰り返して汗をたっぷりかいてきました。

家族風呂の方にはありませんが、大浴場の方に掲示されている分析書によると、こちらの源泉は泉温53.2℃、成分総計1.111g/kgの含重曹-食塩泉です。
湯船の中ではキシキシ。
あがってから肌がスベスベしていました。
クールダウンするのが大変ですが、結局1時間ほど入ってのんびりすることができました。

ここにこんな硬派な家族風呂があるとは意外。いい湯でした。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

2011年はこの記事をもって最後にいたします。
今年も沢山の方にお越しいただき、
ありがとうございました~。
良いお年を^^
  • from のん :
  • 2011/12/31 (14:04) :
  • Edit :
  • Res

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /