+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

アヨロ温泉

外観

北海道白老町。
2010年にリニューアルオープンしたアヨロ温泉ですが、新しくなってからは初めての立ち寄りです。
どんな風に変わったのか、楽しみにしつつ入りました。

源泉井
湯銭を払い脱衣場へ向かうと、途中にガラス張りで源泉井が展示されています。実際にはこの写真のとおり肝心なところは見えませんが、こういう場所があるだけで、温泉を大事にしていることが伝わります。

内湯
さて、こちらが様変わりした内湯です。
大きなガラスで光が入り、以前よりも明るく広くなった印象を受けました。湯船は入って右側に集中しています。

内湯手前側
手前からジャグジー、寝湯。
以前の施設でも寝湯はキーポイントの湯船でしたが、新しくなっても寝湯があることに安心しました。
そして、その隣に4-5人ほど入れそうなあつ湯の湯船。

内湯奥側
その奥には一番大きい「中温湯」の湯船です。
ここは15人くらい入れそうな大きさで、温度は41℃ほどでした。

洗い場
洗い場には現代的なカランが並びますが、以前と同じようなかけ湯も残されており、これもまた嬉しい配慮です。
ただほとんどの方がかけ湯を使っておらず、寂しくもありました。

内湯に関しては以前の名残も感じつつ、現代的にアレンジされたような印象を受けましたが、最も変わった点は露天風呂が新設された事でしょう。

露天風呂
囲まれ感がありますが、立ち上がると海が見える露天風呂です。定員は4-5名ほど。
お湯はぬるめで約41℃でした。

竜の湯口
竜の形の湯口です。
お湯がぬるいため長居でき、しばらくまったりできました。

掲示されている平成22年1月の分析書によると、こちらの温泉は源泉名「アヨロ温泉」。
泉温48.5℃、湧出量記載なし(動力揚湯)。
(※公式HPには毎分130リットルと記載)
pH8.3、蒸発残留物1.467g/kg、成分総計1.579g/kg。
泉質は食塩泉です。
加温・加水・循環・殺菌なし。
黄色がかって見えるお湯で、かけ流しで使われています。
ツルツル感を感じ、よく温まるお湯です。

内湯のみの施設でガツンとくるかけ流しの熱めの湯に浸かり、だらだら汗をかいて楽しむのが以前の施設の良さでしたが、露天にいて以前とは全く違う楽しみ方の施設へと変わった気がしました。
それでも良いお湯を守って下さる事に感謝です。

入浴料は420円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /