+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

湯元館

湯元館

北海道上士幌町。
基本的に静かな温泉地、糠平温泉。
その中でも一番の歴史を持つ宿です。
実は1年前にここに来たことがあります。
でも・・休みの日じゃないはずなのにその日に限ってお休み。
ちょっとがっかりして、他にどこも入らずに糠平温泉を後にしました。
今回はそのリベンジってことで。

時代を感じる建物を入ると、ほんっと田舎の旅館のイメージそのままでした。

脱衣所から浴室にかけても、昭和の香り漂う雰囲気。
浴室は青系のタイル張りでした。
内湯は男女で広さが違うようですが、男湯は中央に非常に大きな湯船、そして浴室の角に3,4人しか入れないくらいの小さくて温〜い湯船。

そして外へ。
ちょっと冷たい足元を我慢して歩くと、階段の下に打たせ湯、そしてその向こうに混浴の露天風呂が。
すぐ近くに川が流れるロケーションで、薄い硫黄の香りがするお湯が注がれています。

ロケーション等も良かったのですが、何より良かったのはお湯。
実は、ここに行く前にお隣でも入浴しました。
分析表は全く一緒です。
同じお湯・・のはずなんです。

でも、湯元館のお湯には香りがあります。
飲泉も可能です。
かけ流されているお湯の量も多いです。
温泉に入ったという感覚は、断然上でした。
(でも、お隣も良かったんですよ〜)

こんな田舎の温泉地でありながら、ロビー?に自由に使えるパソコンが置いてあったりして、ちょっと感心しました。

糠平温泉には行ってみたい温泉宿が幾つもあるんですが、そのうちの一つ、行って正解でした。

泉質・ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
入浴料500円


(2006年5月17日の記事の転載です)

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /