+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

ニセコに日帰り温泉・「ぽぽろの湯」オープン

ラリージャパンに気をとられているうちに、こんなニュースがあったことを見落としていました^^;;

北海道新聞によると、後志管内倶知安町のひらふ地区「ホテルニセコスコット」の隣に日帰り温泉施設ができます。
以下は記事の転載です。

******

後志管内倶知安町のひらふ地区で「ホテルニセコスコット」を運営するスコットサービス(札幌・谷口真砂恵社長)は十月一日、同ホテルの隣に日帰り温泉施設を開業する。宿泊客も渡り廊下で利用できる構造とし、これまで冬季限定だったホテルを通年営業に切り替える。日帰り客の年間売り上げ一億五千万円を目指す。

 施設名は「ニセコひらふ温泉 ぽぽろの湯」で、建物は鉄筋コンクリート造二階建て延べ約千三百平方メートル。浴室は羊蹄山が一望できるように二階に置かれ、男女それぞれに露天風呂、ガラス張りの展望風呂、サウナを整備する。

 一階には、ラウンジ、居酒屋、休憩室などが設けられる。泉質はナトリウム・マグネシウム炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉。

 同社は昨年、ホテル玄関前で温泉を発掘。総事業費約四億円をかけ、四月から建設を進めていた。

 ひらふ地区は最近、オーストラリア人スキー客が急増。ホテルニセコスコット(百四十二室、三百五十人収容)はスキー場のゲレンデに接しており、オーストラリア人客の需要も高いとみられる。

 温泉施設は日帰り、宿泊客を合わせ年間十万人の利用を見込む。

 年中無休で営業時間は午前十時から午後十時まで。入浴料金は八百円、小学生三百円。宿泊客は無料。

******

ホテルニセコスコットのHPによれば、露天風呂から羊蹄山が見えるとのこと。
源泉かけ流しだそうです。

できてしばらくしたら行ってこようかな。
ちょっと800円は高いような気もしますが・・行ったらレポ書きましょう。

ニセコスコットのHP:
http://www.scot.jp/

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /