+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

えべおつ温泉

外観

北海道滝川市。
地元の方もよく訪れる、温泉ホテルです。
脱衣所に入ると、まず目に入るのが浴室の構成とお湯の利用状況に関する掲示。
これには好感度アップです(笑)

早速浴室に入ると、それほど広くない浴室に洗い場と湯船が並んでいました。
雨の日でしたが屋根から自然光が入り、雰囲気は悪くありません。

主浴槽
浴室に入り、正面奥にあるのがこちらの湯船。
右側がちょっと高い位置にあり、高温湯。
2,3人ほどでいっぱいになりそうな小さな湯船です。
左は高温湯のこぼれ湯が流れる、ぬる湯の湯船でした。
こちらは高温湯より少し広く、5人ほど入れそうです。

高温湯は壁際の木の陰が湯口になっていて、湯口の温度は約47℃。
湯船の中は44℃ほどでした。
一方、ぬる湯の方は約40℃ほど。
源泉は30.3℃で、加温してのかけ流しになっています。
湯船の中は茶色い湯の華でいっぱいでした。

ぬる湯の方はこぼれ湯だけあってそれほどお湯の力は感じず。
さすがに湯の華はぬる湯の方が多かったです。

分析書によると、こちらのお湯はpH7.4の単純温泉。
えべおつ温泉2号井で、400リットル/分の自噴、成分総計は0.448g/kg。
意外なほど体が温まり、お湯の印象は良かったです。

湯船はこれだけではなく、寝湯/バイブラバス/電気風呂とサウナあり。
それらは加温/循環/ろ過/塩素殺菌です。
冷鉱泉
そして、これが水風呂で、冷鉱泉のかけ流しとなっていました。
奥の主浴槽以外の湯船にはこの冷鉱泉が使われています。
もともとは冷泉を使用していたとの事ですが、それがこの冷鉱泉だったのでしょうか。
ご覧の通り、湯船の周りだけ茶色に色が変わっています。
金気臭がしました。口に含んでも同じ。
結構冷たくて、私は足だけしか入れませんでした^^;

ちなみに、カランのお湯もこの冷鉱泉を加温したものだそうです。


入浴料は500円。
立ち寄りは午前10時から午後10時まで。
シャンプー等は備え付けありです。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /