+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

共楽旅館

外観

北海道白老町。
竹浦温泉の1件です。
国道沿いにあるので場所はすぐ分かると思います。
写真手前が食堂入口、奥が旅館入口です。
訪問時はちょうど夕方で食堂にお客さんが数名おりました。
厨房で慌しく動く館主に200円払います。
「(浴室の)場所はわかるっしょ」
「はい」・・と答えたはいいものの、来たの初めて(笑)
でも迷わずに脱衣所までたどり着きました。

実はこの日あった温泉仲間のオフ会で話題になっていたこちら。
オフ会の後で立ち寄ろうと思っていた私。
入った方々の話や写真を見て、これは行かねば、という気持ちになっていました(笑)

浴室
そして、こちらが内湯です。
この小さめの湯船一つだけのシンプルな浴室。
昭和な感じが好印象です。
そして、湯船からたっぷり溢れる、わずかに黄色のお湯。

浸かってみて、驚きました。
思わず声が出るほど浴感が良く、強いぬるつる感があります。
きっとお湯が新鮮なのでしょう。
これで200円なら相当お得です。

分析書なし
分析書の掲示はなく、廊下にこの張り紙があるのみでした。
泉温42-43℃と書いてありますが訪問時はもっと熱く、湯口で約47℃、湯船の中で45℃ほどありました。
それもあって汗が出る出る・・よく効くお湯でした^^;

入浴料は200円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

行ってきました、共樂会館^^館内から大きな演歌のカラオケが流れていて、店内には誰もいない・・・ちょっと女性一人で入るのは勇気が要りました。
店主に200円渡して浴室へ行くと、先客が2名。工事関係の宿泊客のようです。
お湯は41度くらいでいつまでも入っていられる感じでした。ぬるぬるして最高です。

湯上りにも演歌を聞いて共樂会館を出ました(笑)
  • from さくら :
  • 2008/10/13 (01:22) :
  • Edit :
  • Res

無題

>さくらさん
白老襲撃、お疲れ様でした(笑)
ここって何となく怪しい雰囲気が漂っていますよね^^;
お湯は素晴らしいんですが、私も1人で入るのに若干勇気が要りました(笑)

結局私の方は、連れが調子が悪くて行けなくなり、1人で消化試合をしていました。
なのであまり書く意欲が湧かずにいます^^;
  • from のん :
  • 2008/10/16 (00:08) :
  • Edit :
  • Res

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /