+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

五色の湯

外観

北海道森町。
少し前に回想シリーズとして書きましたが、休業していたとのことで「休業・廃業」のカテゴリーに入れていました。
この度函館の帰りに様子を伺うと・・

営業していました^^
ということで、改めて記事にしたいと思います。
以前にも書きましたが、宿泊は1日1組限定。
そして日帰り入浴も、先客が入っている間は入れません。
浴室が一箇所・脱衣所も片側しか使えないので、必然的にそうなるのでしょうけど。。
宿泊も日帰りも、常時貸しきりの温泉宿です。

今回前を通ってみると、普通に開いている雰囲気。
もしやと思って訪ねてみると、先客もおらず即立ち寄り可でした。
300円を払って、脱衣所へ。
その前に娘さんがお湯の温度を確認。
「熱いので、入れなかったら水をいれて下さい」と言われました。

脱衣所から見えたタンク
脱衣所の窓から、タンクが見えます。
タンクの話は後ほど・・。

久しぶりの五色の湯の浴室です。
メインの湯船
こちらがメインの湯船。
半円型をしています。
3-4人は入れそうですが、湯船にそんな人数入ることはないかもしれません^^;
ご覧の通り、お湯は緑がかった濁り湯です。
水を入れなきゃいけないほどなのかな・・と思ったら・・48℃ありました^^;
なので、ちょっと水を入れさせていただきました。
湯船に直接入れられる蛇口はないので、何度か洗面器で水を入れます。
と同時に、気を利かせてくれたのか宿の方が湯船に注ぐお湯を止めてくれました。
ということで、茶色い湯の花が舞う湯船に体を沈めてきました。
体がすごいびりびりしましたが^^;

そして、もう一つある小さな湯船。
小さい湯船
長方形で、1人用の大きさです。
こちらはお湯の色が違います。
温度を測ってみると50℃。
以前に来たときもここには入れませんでしたが・・今回も諦めました^^;

小さい湯船の湯口
小さい湯船の湯口です。
茶色い湯の花がついて、いい感じになっています。

オーバーフロー
床には溝があり、両方の湯船から溢れたお湯が流れていました。
床も茶色になっています。

蛇口は真っ黒
そして、蛇口は真っ黒に。
成分に硫化水素が含まれているため、このようになっているのでしょう。

分析書は別表のみが掲示してあり、含塩化土類-重曹硫化水素泉です。
つるつる感はなし。
どちらかといえばアブラ臭のような香りがしていました。
暑い日だったこともあり、あがってからも汗が止まりません。
あっという間に腕から汗がにじみ出てきて玉のようになります^^;
あがってからもしばらく脱衣所でクールダウンしていました。

鏡に・・
ふと見ると、鏡に保険所確認シールが(笑)
こういう所に貼ってあるのは珍しいですね。

さて・・あがってから女将さん(おばあちゃん)とお話を。
・・しているうちに、おいしい水を頂き、アイスを頂き・・おばあちゃんと娘さんと3人で温泉話になりました(笑)
お湯に浸かっているよりも長い時間いたかもしれません^^;

ここのお湯は、平成に入ってから3回ボーリングしているそうです。
お湯が出なくなったからとのこと。
「今出ててもいつ止まるか分からないからねぇ・・」
ボーリングにはそれなりの資金がいるので、それもいつまでできるか・・とおっしゃってました。
でも、100mも掘っていないんです。
その辺はさすが濁川(笑)

ただ、最近まで掘削の規制がなく、掘りすぎて"ある家で掘ったら隣の家の温泉が止まった"というトラブルも出たため、現在は50m以上離れていないと掘削できないようになったとのこと。

今回のお湯は、元々使っていたお湯に一番似ているそうです。
日によって色が変わるそうで・・私が入ったときは写真の通りの色でしたが、湯船の底まできれいに見える透明・深い蒼・白濁・今回の色・黒っぽい色と、「5色はあるねぇ・・」

またある時、タンクに一度溜めずに直接湯船へお湯を入れたくなって、タンクを使うのをやめたとのこと。
そうしたら熱すぎて、現在では少し温度を下げるために限定的にタンクを使っているそうです。
それでも熱いんですけど・・^^;

休業していた理由については、単純に忙しかったから・・みたいです。
娘さんが一時宿を手伝えない時期があり、おばあちゃん自身も宿を空けることが多く、休業していたそうで。
お二人とも体を壊したわけではないようで、安心しました。

他にも濁川の話をいろいろとしたのですが、本当に楽しい時間になりました。
是非また行きたいと思う一件です^^

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

ブログ内容参考になりました。
質問をさせてください。
48℃高温ですよね。湯船と洗い場にある水の蛇口との距離は結構あるのでしょうか?
  • from かりん :
  • URL :
  • 2007/11/17 (11:38) :
  • Edit :
  • Res

無題

かりんさん
湯船と洗い場の間は・・はっきり覚えていないのですが、1歩では全然届かなかったので、2mくらいあったかもしれません。
湯船に浸かる前に一仕事・・ですね(笑)

余談ですが、温度計を持っていると、そのうち何度まで自分が大丈夫か分かるようになります^^
  • from のん :
  • 2007/11/18 (23:45) :
  • Edit :
  • Res

無題

2mですね。
持参でホースを用意しようかと馬鹿なことを考えていたので(^^;;

温度計を買ったけどまだ利用していませんw
  • from かりん :
  • URL :
  • 2007/12/05 (18:25) :
  • Edit :
  • Res

無題

かりんさん
ホース持参ですか〜
さすがにそこまでは考えませんでした(笑)

温度計は私も使ったり使わなかったりですね〜。
ペーハー測定器も欲しいんですが、なかなかそこまで手が出ません^^;
  • from のん :
  • 2007/12/06 (01:10) :
  • Edit :
  • Res

無題

ペーハー測定器欲しいよね〜
誰か道路に捨ててくれないかな?


ホース持参ってまずいかな?
  • from かりん :
  • 2007/12/11 (18:35) :
  • Edit :
  • Res

無題

かりんさん
捨ててあったら、私が先にいただいちゃいます(笑)

ホース持参‥
どうでしょうねぇ〜
見られたら不思議に思われますね、きっと(笑)
  • from のん :
  • 2007/12/12 (16:39) :
  • Edit :
  • Res

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /