+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

湖畔荘

外観

北海道壮瞥町。
洞爺湖畔にある温泉宿です。
この辺の温泉はまだ手付かずだったので、立ち寄ってみました。
建物そのものは時代を感じる造りですが、外観はきれいです。
訪問時は、私の他にお客さんはいませんでした。
日曜の午後なのに・・みんな通り過ぎるんでしょうか^^;

湯銭を払って、浴室へ。
脱衣場
近代的な設備は見当たらない、シンプルな脱衣所でした。
ロッカーさえなく、昔のままといった印象です。
でも、私はこっちの方が嬉しいかも(笑)

脱衣所のドアを開けると、やはりシンプルな浴室が待っていました。

浴室
5-6人が入れそうな、長方形の湯船です。
お湯そのものはほぼ透明ですが、湯船の周りは茶色くなっています。
弱い金気臭がしていました。
お湯は静かに湯船からオーバーフローしています。
なかなかいい雰囲気です^^

湯口
湯口は湯船の中にあり、ポコポコと気泡が出ていました。
入る前にこれを見て熱いのかなと思ったのですが、温度は41-42℃。
分析書の泉温が43.4℃なので、そのまま使っていると思われます。
ぬるめのお湯で、長く入っていられそうです。
実際には時間の関係でそれほど長くいられませんでしたが、後からじわっと体が温まってきました。
軟らかいけど、肌触りはキシキシした感じです。

ロビーに張られた平成17年5月の分析書によりますと、こちらのお湯は源泉名「壮瞥温泉(壮瞥管理新6号・9号・10号及び11号の混合)」です。
泉温43.4℃、湧出量は空欄(混合)。
pH6.6、ラドン0.034マッヘ単位/kg。
蒸発残留物2.022g/kg、成分総計2.898g/kg。
泉質は含石膏・食塩-重曹泉です。

これと同じく、なぜか「壮瞥温泉(新6号泉)」の分析書別表も掲示してあり、そこには泉質が含食塩・重曹-芒硝泉と記載されていました。

人がいなかったせいもあり、かなりのびのび入れました。
ちょっと古めでも清潔感のある明るい浴室は好印象です。

入浴料は300円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

無題

ここも利用したと思いながら、どうしてもまだ体験が出来てない温泉です。
ゆっくり入浴でそうなので、やっぱり利用したデスね。
  • from karin :
  • URL :
  • 2007/09/25 (18:44) :
  • Edit :
  • Res

無題

かりんさん
ここは、私もいつも通り過ぎていました。
で、いつ通っても車が停まってないんですよね^^;

実は今回も、時間がないしこの辺りじゃここしかないな・・という感じだったのですが・・意外に良かったです(笑)
ここはゆっくりできそうですね〜。
  • from のん :
  • 2007/09/26 (23:21) :
  • Edit :
  • Res

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /