+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

瀧の湯温泉

外観

北海道小樽市。
先日忍路ドライブへ行った帰り道、ここへ立ち寄りました。
通称寿司屋通りと呼ばれる通り沿いにある温泉銭湯です。
中に入ると正面にカウンターがあり、そこで湯銭を払いました。
そして脱衣所へ。
脱衣かごと木の鍵つきロッカーという、見慣れた光景です。
アンマ器ほか
脱衣所内には古いアンマ器やぶら下がり健康器がありました。

脱衣所から中に入ります。
浴室を見渡す
意外と広い浴室ですね。

ここは以前は、このフロアは真湯の浴槽のみだったようです。
浴室内から地下に降りて行くことができ、地下の浴室が温泉でした。
でも今は・・
地下は危険
残念ながら地下へ行くことはできません。
その代わり「上の二つのお風呂が温泉」です。
この上の二つって・・
このフロアにある二つの浴槽のことなのか・・
ちょっと高いところにある2つ(ジャグジーと水風呂)のことなのか・・
分かりかねました^^;

中央の湯船
浴室中央にある浴槽は、手前が浅く奥が深い造りになっています。
このタイプの浴槽はよく見ますね。
熱めのお湯でした。

サウナ横はジャグジー
正面奥に見える階段はサウナへ続いています。
その階段の両側に浴槽があります。
向かって右側がジャグジーになっており、向かって左側が水風呂でした。
普段ならジャグジーには手を出さないのですが、この浴槽が温泉なのは間違いないようなので今回はここに一番長く入っていました。
塩素臭は弱め。他に特徴は・・あまり感じませんでした^^;
この浴槽の前にもカランがついているところがナイスです(笑)
ここに座られたら浴槽に入りづらいですね・・

洗い場
このカランが並ぶ風景も銭湯らしくていいですね。
小樽の温泉銭湯巡りを始めてから、すっかり銭湯の風情が好きになってしまいました(笑)

高い屋根と看板
中央部分の屋根は高く、洗い場の上には看板がつけられています。
一番左には「都会の真中で働きながら温泉療法!」と書かれていました。
なかなかいいキャッチフレーズです(笑)

脱衣所に掲示されていた分析書によれば、こちらのお湯は源泉名「滝の湯温泉」。
泉温17.8℃、pH7.1、湧出量101リットル/分(動力)の冷鉱泉です。
成分総計は0.434g/kg。主な成分は芒硝です。
湯使いは、加温・循環ろ過・塩素殺菌あり。

立ち寄った時間帯が良かったのか、途中から私1人になりました。
そんなわけで、予定以上に長い時間ここでゆっくり入ってきました。
おかげで結構汗をかき、気分爽快になって出てきました^^

入浴料は390円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /