+ green wing +

小さなオープンカーで北海道の温泉を巡る、道産子の入湯記録。

ホリデーインホテル十勝川

外観

北海道音更町。
十勝川温泉の1件です。
今回はHOの無料パス利用でした。
考えてみたら、十勝川温泉って今まで入ったことがありませんでした^^;
前情報も持っていなかったので、ちょっと楽しみです。

カウンターでHOにスタンプを押してもらい、中へ入りました。
中は何となく一昔前のホテルという感じ。
浴室前には、昔懐かしいゲーム機やコインランドリーが並びます。
そんな古いゲームを、合宿で来たであろう学生たちが利用してます(笑)

脱衣所に入ると、木製の棚と脱衣かごだけのシンプルな作りでした。
(鍵つきロッカーもあります)
そこで分析書を読んで、浴室へ。

内湯
こちらが浴室です。
露天風呂はありませんが、かなり広いですね。
15人程度なら余裕をもって入れそうです。

浴槽は、手前がジャグジーのようになっています。
その奥が普通の入浴スペースですが、中に仕切りなどはありません。

湯口付近
こちらが湯口付近です。
奥の方は太陽光が入ってとても明るく、ずっとこの辺で浸かっていました。
香りはほとんどしませんが、麦茶のような色で柔らかいモール泉です。

分析書によれば、こちらのお湯は源泉名「十勝川ゴールデン泉」。
湧出地を見ると、自家源泉のようです。
泉温28.9℃、pH7.5、泉質は単純温泉です。
湧出量は毎分150リットル(動力)。
成分総計は0.669g/kgで、重曹成分が含まれています。
湯使いは、加温・循環/塩素殺菌とかけ流しの併用とのこと。
ただ、オーバーフローはほとんどしていませんでした。

上の写真の湯口のほかに、湯船の中に段差があり、その段差の間の数箇所からお湯が出ています。
恐らくそれが循環したお湯の湯口なのだろうと推測しました。
お湯から塩素臭は感じませんでした。

ヌプンのぬるつるのお湯の後に立ち寄ったせいかもしれませんが・・
つるつる感などはあまりなくて、期待とはちょっと違う感触でした^^;
印象は悪くないのですが、もう一押し欲しいところです(笑)
でも途中から貸切状態になり、結構ゆっくり入っていました^^

入浴料は350円です。

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN:
のん
性別:
男性
職業:
温泉愛好家&温泉ライター。温泉資格:温泉入浴指導員・温泉健康指導士・温泉ソムリエマスター・温泉観光士・温シェルジェ・温泉観光実践士・温泉観光管理士・高齢者入浴アドバイザー。
趣味:
湯。翼。
自己紹介:
+ お知らせ +
※ブログ移転&前PCのHDDクラッシュに伴い、過去の記事の画像がない状態が続いております。随時大きなサイズで画像を記事に戻しておりますので、ご容赦ください。
※当コンテンツの無断転載を禁止いたします。画像を使用する場合は管理人にお申し出下さい。
※コメントは承認制となっております。

ブログ内検索

最新コメント

[04/29 とまチョップ]
[11/24 日本一小さい市]
[10/22 くまごろう]
[06/28 いわ]
[06/24 ぴかリン]


+ リンク用バナー + リンク用バナー

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カウンター

Copyright ©  -- + green wing + --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS /  /